2018年6月8日(金)放送

旬×ゴハン

夏みかんで
爽やかイタリアン
(録画)

苦味と酸味が特徴の夏みかん。
生で食べたりジャムなどの加工品を食べる機会が多いが料理との相性も抜群。
そんな旬の夏みかんを使った簡単で爽やかなイタリアンを紹介。

豚肉と夏みかんのビステッカ

材料

<材料(2人分)>

豚肩ロース・・・2枚

夏みかん(甘夏)・・・1個

にんにく・・・1片

アンチョビ・・・2枚


しょうゆ・・・大さじ1

砂糖・・・小さじ1

こしょう・・・適量

オリーブ油・・・適量

アスパラガス・・・2本

作り方
  1. 甘夏は皮つきのまま約1cmの厚さに輪切りにします。
  2. ジッパー付きの袋に、 1.薄切りにしたにんにく、アンチョビ、しょうゆ、砂糖を入れ、手でよくもみ、甘夏の果汁を出し、アンチョビをつぶします。
  3.  2.に筋を取った豚肉を入れ密封し、30分以上漬け置きします。
  4.  3.から豚肉を取り出し、キッチンペーパーで水けを取ってこしょうをふります。
  5. 少量のオリーブ油を入れて熱したフライパンに豚肉と筋を取って半分に切ったアスパラガスを入れて焼きます。焦げやすいので中火から中火弱でじっくり両面を焼き、8割火が通ったら取り出します。
  6. 袋に残ったマリネ液をフライパンに入れて煮詰め、とろみがついたら 5.の豚肉を戻し、ソースを絡め、皿に盛り付けたら完成です。

フルーツトマトと夏みかんのブルスケッタ

材料

<材料(2人分)>

食パン(8枚切り)・・・2枚 ※サンドイッチ用でも可

カッテージチーズ(裏ごしタイプ)・・・大さじ4


フルーツトマト・・・小2個

夏みかん(甘夏)・・・1個

砂糖・・・小さじ1/2

オリーブ油…小さじ1

作り方
  1. 食パンの耳を切り、麺棒などでプレスし、平らにして半分に切ります。
  2.  1.の表面にオリーブ油を塗り、トースター(中火6~8分)で焼き色が付くまでトーストします。
  3. フルーツトマトを熱湯にくぐらせたあと冷水に付け、皮をむき、一口大に切ります。
  4. 甘夏は皮から身を取り出し、一口大に切ります。
  5.  3. 4.を合わせ、砂糖とオリーブ油を加えてあえます。
  6. トーストにカッテージチーズを塗り、 5.を乗せたら完成です。

夏みかんソースのカルパッチョ

材料

<材料(2人分)>

「フルーツトマトと夏みかんのブルスケッタ」のソース・・・2人分

レモン汁・・・小さじ2

白身魚(刺身用)・・・適量

ベビーリーフ・・・適量

オリーブ油・・・適量

作り方
  1. 「フルーツトマトと夏みかんのブルスケッタ」のソースにレモン汁を加えて混ぜます。お好みでソースの甘夏とトマトを細かくします。
  2. 白身魚の上から 1.をかけ、上からベビーリーフを散らし、オリーブ油をかけたら完成です。
ページを閉じる