2017年12月25日(月)放送

旬×ゴハン

出張編
ハレの日も普段も大活躍!
三重のまだい

養殖まだいの生産量全国3位の三重県。約100軒が養殖に取り組む。
刺身やちらし寿司など産地ならではの食べ方に加え、
地元高校生が考案した手軽なおもてなし料理を紹介。

まだいのホイル焼き 西洋料理

材料

<材料(4人分)>

まだい・・・1/4尾

じゃがいも・・・2コ

にんじん・・・1/4本

たまねぎ・・・1/4コ

きゅうり・・・1/2本

マヨネーズ・・・大さじ2

塩、こしょう・・・適量


レモン・・・1個

バター・・・50g

作り方
  1. ポテトサラダを作ります。

    ・じゃがいもは蒸し器で柔らかく蒸します。柔らかくなれば、包丁で1cm幅に切り、粉ふき芋にして水分をとばします。

    ・にんじんは皮をむき湯がきます。

    ・熱いうちに塩、こしょう、マヨネーズで味付けます。

    ・たまねぎときゅうりを薄切りにし、塩でしんなりさせて水でさらした後よく水分を切ります。

    ・これらを合せてポテトサラダにします。

  2. レモンをスライスします。
  3. まだいのうろこと頭、内臓をとり水洗いした後、三枚に卸しうすく塩をふります。血合い骨を抜き、切り身にします。
  4. まだいを観音開きにして俵型にまとめたポテトサラダの上にのせ包みこみます。皮目にレモンとバターをのせます。
  5. アルミはくで包み170度のオーブンで焼きます。

まだいの雑煮

材料

<材料(4人分)>

まだい ・・・1/4尾

餅・・・4コ

きのこ (種類を問わず)・・・100g

生しいたけ しめじ まいたけなど


三つ葉・・・3本

昆布・・・10cm

だし汁(魚のあら)・・・1200ml

塩・うすくちしょうゆ・・・適量

小麦粉・・・適量

作り方
  1. 魚のあらと昆布を入れ、うしお汁を取ります。
  2. 魚は、三枚に卸し上身にして、厚い目にそぎ切りにします。表面に小麦粉を打ちます。これを油で揚げます。
  3. きのこはほぐしておきます。三つ葉は、軸だけを1.5cmの長さに切ります。
  4. だし汁の中に、きのこを入れひと煮立ちさせ、塩とうすくちしょうゆで味付けをします。
  5. 餅も半分に切り揚げます。
  6. 三つ葉を入れて味を調えます。
  7. あげたまだいと餅を器に盛り、熱いおだしをかけてできあがりです。

たいフライチリソース炒め 中国料理

材料

<材料(4人分)>

まだい・・・1尾

しょうが・・・7g

にんにく・・・1かけ

青ねぎ・・・1/2本

レタス・・・1/4コ

トマト・・・1コ

小麦粉・卵・パン粉・・・適量


水溶きかたくりこ・・・大さじ2


【チリソース】

トウバンジャン・・・小さじ1

トマトケチャップ・・・大さじ5

みりん(甘酒)・・・大さじ2

中華スープ・・・300ml

塩・・・小さじ1と1/2

砂糖・・・大さじ3

酢・・・大さじ2

ラー油・・・小さじ1

こいくちしょうゆ・・・小さじ1

作り方
  1. まだいの切り身に、小麦粉、溶き卵、パン粉をつけます。
  2. しょうが、青ねぎ、にんにくをみじん切りにします。
  3. 【チリソース】の調味料を合せておきます。
  4. フライパンに油を熱し、まだいを揚げます。揚がったらフライをざるに取り、油を切っておきます。
  5. 使ったフライパンにしょうが、にんにくと 3.のソースを入れます。
    沸騰したら揚げた魚を入れ、さっと煮込み、青ねぎも加えて炒めます。
  6. 水溶きかたくりこでとろみをつけます。
ページを閉じる