2017年5月9日(火)放送

旬×ゴハン

苦手な人も食べなきゃ損
栄養満点!旬のセロリ

ビタミンCやB群、カロテンなどの栄養が豊富な旬のセロリ。
独特の苦みと香りが苦手という人も多いセロリを、
調理法やあわせる食材の工夫でおいしく食べられる料理を紹介。

セロリとさきいかのきんぴら

材料

<材料(2人分)>

セロリ(茎)・・・200g(2.5本)

セロリ(葉)・・・適宜

さきいか・・・30g

赤パプリカ・・・1/4個

ごま油・・・大さじ2

【調味料】

砂糖・・・大さじ1

しょうゆ・・・大さじ1.5

酒・・・大さじ2

みりん・・・大さじ1


赤とうがらし・・・一本分

白ごま・・・少々

粉ざんしょう・・・お好みで

作り方
  1. セロリの茎は、すじを取り斜め薄切りにします。
    赤パプリカは薄切り、さきいかは、食べやすい大きさに切ります。
    セロリの葉は、細かく切ります。
  2. フライパンにごま油を熱し、セロリの茎を中火で透明感がでるまで炒めます。
  3. 赤パプリカ、さきいかも入れて炒め、【調味料】と赤とうがらしの小口切りを入れて、さらに炒めます。
  4. 仕上げに、白ごまをふって、粉ざんしょう、セロリの葉を入れてからめます。
    ※ごはんに混ぜてもおいしい!!
    ※セロリが苦手な人は、葉を入れない方がオススメ。

セロリと桜エビのかき揚げ

材料

<材料(2人分)>

セロリ(茎)・・・150g(2本)

セロリ(葉)・・・適宜

桜えび・・・80g

小麦粉・・・1/4カップ

塩orしょうがじょうゆ・・・適宜

【衣(天ぷら粉でも可)】

卵黄・・・1コ

水・・・3カップ

小麦粉・・・1/2カップ

作り方
  1. セロリ(茎)はすじを取り斜め薄切りに切ります。
    セロリ(葉)は、細かく切ります。
  2. ボウルに1.のセロリと桜エビを入れます。
    小麦粉をまぶし、下ごろもをつけます。
  3. 天ぷらの衣を作り、2.を入れて混ぜます。
  4. 170度の油で揚げます。
  5. 塩または、しょうがじょうゆをお好みでつけてください。
    ※セロリのかき揚げ丼にしても美味しいです。

【天ぷら衣の作り方】

  1. 卵水を作ります(卵黄1コ、水3カップをボウルに入れて混ぜる)。
  2. 卵水と小麦粉を同量入れて、混ぜます。
    ※一度に、たくさん衣を作らない。
    足りなくなったら、2.を作り繰り返す。

セロリのあえ物

材料

<材料(つくりやすい分量)>

【セロリの塩昆布あえ】

セロリ・・・1/2本

塩昆布・・・5g


【セロリの梅しそあえ】

セロリ・・・1/2本

梅干し・・・1コ(種を取り除く)

大葉・・・4枚(千切り)

みりん・・・小さじ1

作り方
  1. セロリはすじをとり、斜め薄切りに切ります。
  2. セロリを塩水に入れ、しんなりするまでつけます。
    しんなりしたら、セロリを絞って水けをとります。
    ※塩水:水1カップと塩小さじ1/2
  3. おのおのの具材を入れて混ぜます。
ページを閉じる