2017年2月6日(月) 放送

脱マンネリ!
イタリア風おでん
講師・中辻健太さん

いつものおでんにひと工夫!イタリア西北部に伝わるおしゃれな”おでん”を紹介します。
塩漬け肉と冬野菜で、シンプルながら深い味わいに。
手軽な塩漬け肉の作り方も伝授!


塩漬け肉と冬野菜のボリートミスト

材料
<材料(2人分)>
【塩漬け肉】
骨付き鶏手羽元・・・4本
豚バラ肉・・・200g
塩・・・肉の量に対して4%程度

ソーセージ・・・4本
玉ねぎ・・・1/2コ
にんじん・・・1/2本
キャベツ・・・1/6玉
かぶ・・・小玉1玉
黒粒こしょう・・・10粒
ローリエ・・・1枚
水・・・適量(具材がかぶる程度)

【サルサヴェルデ】
パセリのみじん切り・・・大さじ3
ケイパー・・・大さじ2
にんにく・・・1/4かけ
マスタード・・・大さじ2
作り方

1. 鶏手羽元は、食べやすいように切り込みを入れて開いておきます。

2. 鶏手羽元と豚バラ肉を袋に入れ、重量の4%程度の塩を入れもみ込み、冷蔵庫で3時間以上休ませる。使う直前に水洗いをします。

3. 玉ねぎ・にんじん・かぶは、皮をむいて半分に切ります。

4. 大きめの鍋に、かぶ以外の具材を入れます。そして、具材がかぶる程度の水を入れ、火にかけます(強火)。

5. 沸騰したらアクを取り、落としぶたをして弱火で1時間ほど煮込みます。かぶは、できあがる15分前に入れ火を通します。

《サルサヴェルデ》

1. マスタード以外の具材をすべてみじん切りにします。

2. ボウルにすべての材料を入れ、混ぜ合わせます。

ほうれんそうのクリームリングイネ

材料
<材料(2人分)>
ほうれんそう・・・1/2束
牛乳・・・100ml
生クリーム・・・50ml
パルメザンチーズ・・・大さじ4
卵黄・・・1コ
バター・・・20g
塩、こしょう・・・適量
リングイネ・・・160g

レモンの皮・・・適量
作り方

1. 水1Lに対して塩を大さじ1入れ、ほうれんそうをサッとゆでます。

2. 水気を切らずに、ほうれんそうをみじん切りにします。

3. フライパンにバターを熱し、ほうれんそうを炒めます。

4. 牛乳・生クリーム・パルメザンチーズを加え弱火で7~8分ほど煮込みます。(途中煮詰まってきたら、リングイネのゆで汁を加える)

5. たっぷりのお湯を沸かし(水1Lに対して塩を大さじ1)リングイネを表示時間の1分前までゆでます。

6.  4. のソースにリングイネを入れ、塩・こしょうで味を調え、火を止め卵黄を加えサッと混ぜます。

7. 器に盛り付け、お好みでレモンの皮をすりふりかけます。

ページの先頭へ戻る

ページを閉じる