2016年9月12日(月) 放送

ごはんが進む!
旬のさんまレシピ
講師:田中稔さん

名古屋名物のひつまぶし。ウナギの代わりにさんまを使っても、とってもおいしいんです。
外はパリッ、中はふっくらに仕上げるコツを。
もう1品は、さんまのゆずこしょう煮。


さんまのひつまぶし風

材料
<材料(2人分)>
さんま・・・2匹
塩・・・少々
酒・しょうゆ・・・各大さじ2
小麦粉・・・適量

卵・・・2コ
塩・・・少々

ご飯・・・茶わん2杯
守口大根の漬物・・・適量
粉さんしょう・・・好みで
油・・・適量

【タレ】
しょうゆ・・・大さじ3
酒・・・大さじ3
みりん・・・大さじ3
砂糖・・・大さじ3
作り方

1. さんまは三枚おろしにして腹骨を取り、皮面に1cm幅の切り込みを入れます。
身の面に塩をして酒としょうゆに10分ほど漬けこみます。

2.  1. のさんまの水気を切って小麦粉を薄くまぶします。
油を熱したフライパンで両面こんがりと焼き(中火~弱火)、取り出します。

3. 卵を溶きほぐし、塩を混ぜます。フライパンに油を熱し、卵液を入れて、薄焼き卵を作り、せん切りにします。

4.  3. のフライパンをふき、【タレ】の調味料を強火で沸かし、煮立ったら弱火にしてとろみがつくまで煮詰めます。焼きあがったさんまを入れてタレをからめ、1cm幅の切り込みに合わせて刻みます。

5. 細切りにした守口漬けと卵をご飯に混ぜて器に盛ります。
さんまをのせ、お好みで粉さんしょうをかけます。

さんまのゆずこしょう煮

材料
<材料(2人分)>
さんま・・・2匹
しょうが・・・1かけ
にんにく・・・1かけ
ゆずこしょう・・・小さじ2
ゆず・・・1/2コ

白髪ねぎ・・・適宜

【A】
酒・・・カップ1/2
砂糖・・・カップ1/2
しょうゆ・・・カップ1/2
酢・・・カップ1/4
水・・・カップ1/2
作り方

1. さんまは頭を落とし内臓を取り出して水洗いします。
水気をふいて4等分程度の筒切りにし、バットに並べてペーパーをかぶせて熱湯をかけます。すぐに冷水にとって冷やします。

2. しょうがは薄切り、にんにくはつぶし、ゆずは薄切りにします。

3. 鍋に【A】としょうが、にんにく、ゆずこしょう、ゆずを入れて煮立たせます。さんまを並べておとしぶたをし、時々煮汁をかけながら汁気がなくなるまで弱火~中火で煮ます。

4. 器に盛り、白髪ねぎを盛ります。

ページの先頭へ戻る

ページを閉じる