2015年11月2日(月) 放送

ショウガで
カキごはん&イワシの照り焼き
シェフ:廣瀬ちえさん

だんだん肌寒くなってくる秋、ショウガパワーで体をあたためましょう
今が旬のカキと合わせた「カキとショウガのごはん」と「イワシのショウガ照り焼き」をご紹介します。


カキとショウガのごはん

材料
<材料(4人分)>
米・・・2合
カキ(加熱用)・・・160g
ショウガ・・・3かけ(30g)
油揚げ・・・1/2枚(20g)

あさつき・・・お好みで適量

【A】
だし・・・150ml
うすくちしょうゆ・・・大さじ2
酒・・・大さじ1
みりん・・・大さじ1
作り方

1. お米は洗って30分ほど浸水させ、ザルにあげます。

2. カキは塩でやさしく洗い、ザルに入れて水を張ったボウルで振り洗いし、水気をきります。(殻がついている場合があるので指先で貝柱部分を軽く押さえて、確認してください。 )

3. ショウガは4~5cm長さの細いせん切りに、油揚げは7mm角切りにします。

4. 鍋に【A】を入れ、ショウガとカキも入れて3~4分煮ます。カキがぷくっとしたら火を止めて、ザルにあげて、煮汁も残しておきます。

5. 土鍋にお米を入れて、 4. の煮汁に水を加えて360mlにして土鍋に入れます。油揚げも加えてふたをします。

6.  5. を中火~強火にかけ、沸騰したら弱火にして10分炊きます。

7.  6.  4. のカキ・ショウガを入れて10分蒸らします。
天地返しをして器に盛り、あさつきを添えます。

いわしのショウガ照り焼き

材料
<材料(2人分)>
いわし・・・2匹
かたくり粉・・・適量
油・・・大さじ2
ショウガ・・・1かけ(10g)

さんしょう…お好みで

【A】
しょうゆ・・・大さじ1
みりん・・・大さじ2
作り方

1. いわしは開きにします。

2. ショウガは薄切りにし、【A】の調味料につけます。

3. いわしの表面にかたくり粉をまぶします。フライパンに油を熱し、いわしを入れて両面こんがりと焼きます。 焼いた後の油は、ペーパーでふき取り、 【A】 の調味料を加え、全体にからめながら照りが出るまで焼きあげます。

手作りジンジャーエール

材料
<材料(作りやすい量約15杯分)>
ショウガ・・・200g
砂糖・・・200g
水・・・200ml
シナモンスティック・・・1本
クローブ・・・5粒
黒こしょう・・・10粒
お好みでとうがらし・・・1本
レモン果汁・・・大さじ1
炭酸水またはお湯・・・適量
作り方

1. ショウガは、皮を薄く包丁でそぎ取り、薄切りにします。

2. 鍋にレモン汁と炭酸水以外の材料を入れ5分煮ます。火を切ったらレモン汁を入れます。

3.  2. をある程度冷まし、コップにお好みの量入れ、炭酸水(お湯)で4~5倍に薄めます。
(保存する場合は煮沸した瓶に入れます。)

ページの先頭へ戻る

ページを閉じる