2015年10月19日(月) 放送

プロの凄(すご)ワザ
定番中国料理が絶品に!

いつもの中国料理メニューをひと味もふた味もパワーアップさせるプロの技を教わります。
メニューは「鶏のから揚げ」と「チンゲン菜とベーコンのシンプル炒め」です。


鶏のから揚げ

材料
<材料(2人分)>
鶏もも肉…1枚(約250g)

【A】
塩…小さじ1/3
こしょう・・・少々
しょうゆ・・・小さじ1/2
おろししょうが・・・小さじ1
おろしにんにく…小さじ1/3

【B】
酒…小さじ2
みりん・・・小さじ1
水・・・小さじ1



【衣】
かたくり粉・・・大さじ3
薄力粉・・・大さじ3

【付け合わせ】
白ねぎ・・・適量
キャベツ・・・適量

【タレ】
青じそドレッシング・・・大さじ2
ごま油・・・小さじ2
作り方

1. 鶏もも肉は筋切りをして一口大に切り、【A】を絡めてよくもみ込み、粘りが出たら【B】を加えてさらによくもみます。
ポイント
【A】を粘りが出るまでよくもみ込むことで中まで味が入ります!
【B】は肉に水分を与えてジューシーなから揚げに!

2. 薄力粉とかたくり粉を合わせて鶏肉にまぶし、片面だけに水を霧吹きで吹きかけます。
ポイント
かたくり粉はサクサクっとした食感になりますが、はがれやすいです。
粒子が細かい薄力粉を合わせると【衣】がはがれにくくなります!
さらに霧吹きで水分を与えると油に入れた時に【衣】がはがれにくくなります!

3. フライパンに肉が半分つかる程度の油(分量外)を入れて肉を一切れずつ入れます。
火をつけて強火で2分ほど加熱します。
ポイント
【衣】がはがれにくくなっているから常温の油に入れてもOK!
この揚げ方なら温度を計らなくてもうまく揚げられます!
最初の2分は箸で触らない!ジューシーに揚げるためにはかまい過ぎない事が大切です!
少ない油で温度管理が簡単になります!

4. 2分たったら裏返して、火が通りこんがりした色がつくまで約2分揚げます。

★お得情報!さらに付け合わせを工夫すると・・・アレンジ料理にも!
(1)キャベツはせん切り、白ねぎは縦に切り込みを入れてから薄い斜め切りにし、混ぜ合わせて【付け合わせ】として添えます。
(2)青じそドレッシングとごま油を混ぜ合わせて【タレ】を作ります。
ポイント
食べる時にから揚げにたっぷり【付け合わせ】をのせて、【タレ】をかければ、即席 ユーリンチーの出来上がりです!

チンゲン菜とベーコンのシンプル炒め

材料
<材料(2人分)>
チンゲン菜…2株
ベーコン…3枚
白ねぎ…少々
しょうが…少々
にんにく…1かけ
塩…小さじ1/4
こしょう…少々
チキンスープ(中国風)・・・150ml
油・・・適量
作り方

1. チンゲン菜は茎と葉に切り分け、茎は縦8等分に切ります。葉は半分に切り、それぞれしっかり水洗いします。
ポイント
チンゲン菜の茎は内側から包丁を入れて切ると大きさがそろいます。
チンゲン菜は砂が株の中についていることもあるので、切ってから洗うと洗いやすいです。

2. ベーコンは2cm幅に切り、にんにくは叩いて香りを出してから粗みじん切り、ねぎは縦半分にして1cm幅の斜め切り、しょうがは薄切りにします。

3. チンゲン菜は葉と茎に分けてそれぞれボウルに入れ、葉には大さじ1/2、
茎には大さじ1と1/2の油を絡めます。
ポイント
油でコーティングして色と艶を保ちます!
油の膜を通して間接的に熱を加えることで食感をよくする!

4. フライパンに油大さじ1を入れ、にんにく、ベーコンを入れて火をつけます。
ジュージューという音がしたらねぎとしょうがを加えて油臭さを消します。チキンスープ(中国風)を入れ、塩・こしょうで味を決めます。
ポイント
ベーコンとチキンスープ(中国風)でうまみを引き出し、チンゲン菜を加える前に味を決めます。
そうするとチンゲン菜を長い時間調理することがなく、余分な水分が出ないようにできます。

5. チンゲン菜を加えてフタをしてすぐに強火にします。最初は蒸気でフタが曇っていますが、1~2分すると内側についた蒸気が水滴にかわってスーッと流れ落ち始めます。ここでフタを取り、お皿に盛って完成!

ページの先頭へ戻る

ページを閉じる