2015年8月31日(月) 放送

煮物だけじゃない!
みりん活用法
シェフ:廣瀬ちえさん

愛知県は全国でもみりん作りが盛んな地域の一つ。
しかし、その使い方があまり知られていないのも事実。
そこで、みりんのステキな特徴を体感できるメニューを紹介します。


みりん酢飯のかつお漬け丼

材料
<材料(2人分)>
【みりんご飯】
米・・・2カップ
水・・・2カップ
昆布・・・5cm1枚
みりん・・・大1

【みりんすし酢】
みりん・・・80ml
米酢・・・大4
塩・・・小2/3~

【かつおの漬け】
かつお(刺身用)・・・200g
※サーモンやまぐろでもOK
みりん・・・大1(煮きっていないもの)
塩・・・少々

【A】
しょうゆ・・・大2
みりん・・・大1(煮きったもの)
しょうが(おろし汁)・・・小さじ1/2

刻みのり・・・適量
スプラウト(野菜の新芽)・・・1/2パック
ベビーリーフ・・・1/2パック
青しそ・・・5枚
白ごま・・・適量
みょうが・・・適宜
作り方

1. 米を研ぎ、水・昆布・みりんを入れて炊飯器で炊きます。

2. みりんを半量(40ml)になるまで煮切り、米酢と塩を合わせて【みりんすし酢】を作ります。
 1. の炊き上がったご飯の昆布を取り出し、みりんすし酢を加えて混ぜて酢飯を作ります。

3. かつおは刺身の厚さに切り、みりんと塩をふりかけてしばらく置きます。

4.  3. の水分やアルコール分をペーパータオルなどで拭き取り、【A】のつけだれに5~10分ほど漬けます。 青しそとみょうがはせん切りにします。

5.  2. の酢飯を丼に盛り、刻みのり→スプラウト→ベビーリーフ→かつお漬けの順にごはんの上にのせ、白ごまをふりかけ 青しそとみょうがを添えます。
お好みに応じてつけだれを回しかけます。

みりんレモネード

材料
(作りやすい量)
【レモンみりんシロップ】
レモン(大)・・・1コ
(国産またはノーワックスのもの)
みりん・・・2カップ
<材料(2人分)>
【レモネード】
レモンみりんシロップ・・・大4~
炭酸水(無糖)・・・1カップ~
お好みのくだもの
(ブルーベリー6粒・キウイ1/2・梨1/4・チェリー2粒)
ミント・・・適宜
作り方

1. みりんを煮詰めて、半分の量(1カップ)にします。

2. レモンをよく洗って水気を取り、薄く切ります。
(レモンの皮から苦味が出るので、苦手な人は皮をむいてから輪切りしても良いです)

3. 蓋がついた保存瓶に 2. のレモンを詰めます。
 1. のみりんを注ぎ、冷蔵庫で1日置きます。

4. くだものを食べやすい大きさに切り、グラスに入れます。
 3. 【レモンみりんシロップ】を1人あたり大さじ2入れ、炭酸水を注ぎます。
レモンみりんシロップのレモンも小さく切り、ミントと共に添えます。

ページの先頭へ戻る

ページを閉じる