2014年4月14日(月) 放送

みそ床活用で
最強の西京焼き!
シェフ:廣瀬ちえさん

お弁当のおかず作りの幅を広げてくれる「みそ床」。
西京みそや白みそ、麦みそなどを甘酒、酒とよく混ぜ合わせて作ります。
その活用術と西京焼きの作り方をお伝えします。


最強の西京焼き

材料
<みそ床>
 【A】
西京みそ・・・200g
甘酒・・・大さじ4
(砂糖小さじ2+みりん大さじ2でもOK)
酒・・・大さじ2

<材料(2人分)>
さわら・・・切り身 2切れ
こんにゃく・・・1/4丁(格子状に切り込みをいれる)
豆腐・・・1/4丁(水をしっかりきる)
エリンギ・・・1/2本(4等分に切る)
にんじん・・・輪切り2切れ
作り方

1. 【A】を混ぜ、みそ床を作ります。

2. 漬ける前に魚の下処理。
表裏に軽く塩をふり、30分~1時間おきます。
魚から出た水分をふき、臭みをとります。

3. バットを用意して、作ったみそ床の半分を広げます。その上にガーゼをしき、下処理した魚、豆腐、こんにゃく、エリンギ、にんじんを隙間なく並べます。その上にガーゼをしき、残りのみそ床を広げます。
『みそ床 → ガーゼ → 材料 → ガーゼ → みそ床』の順。

4. 1日~2日冷蔵庫でつけ込みます。
※3日以上漬けると身が堅く、塩辛くなります。

5. フライパンで西京焼きを上手に焼くコツは、クッキングシートに油を少し塗り、その上にのせて焼くこと。8分ほどで出来上がります。
魚は表裏7対3の割合で火を通します。こんにゃく、豆腐、エリンギ、にんじんは軽く焦げ目が付くくらい。
フライパンが温まるまでは、強火。温まったらふたをして、中火弱で焼きます。裏返して反対側も焼きます。

西京焼き アレンジ お茶づけ

ごはん
西京焼き
ほうじ茶(お湯とこぶ茶でもOK)
のり
はりしょうが
ごま
ページの先頭へ戻る

ページを閉じる