2014年4月7日(月) 放送

お祝いの季節
たい飯&あら煮
フードコーディネーター:田中稔さん

進学や就職など「めでたい」シーズン。
お祝いの魚「たい」を使った料理を2品紹介。
1品目は、「たい飯」。そして「あら煮」。
おいしく作るポイントをご紹介します。


たい飯

材料
<材料(作りやすい分量)>
たい(切り身)・・・2切れ(200g)
塩・・・少々
しょうゆ・・・大さじ2
みりん・・・大さじ2
酒・・・大さじ2
ごま油・・・ 大さじ1
しょうが・・・1かけ
米・・・カップ2(洗うとカップ2.4)
だし・・・カップ2.4

そら豆・・・4本
木の芽・・・適量
作り方

1. たいは塩をして15分ぐらい置き、水気をふきとります。

2. しょうゆ・みりん・さけ・ごま油に15分ぐらい漬けます。

3. しょうがは太めのせん切りに。そら豆は実を取り出して塩ゆでします。

4. 土鍋または炊飯器に米とだし、 2. を入れて炊きます。

5. 炊き上がったら、たいの身をほぐし、そら豆を入れて混ぜて器に盛り、木の芽を散らします。

あら煮

材料
<材料(2人分)>
たいのあら・・・1匹分
しょうが・・・1かけ
ごぼう・・・1本
絹さや・・・4枚
酒・・・カップ1/2
水・・・カップ1~2
メープルシロップ・・・大さじ4
しょうゆ・・・大さじ4
みりん・・・適量
木の芽・・・適量
作り方

1. あらは熱湯にくぐらせ、水に落として良く洗いうろこを取ります

2. ごぼうは5cmの長さで半割に、しょうがはせん切りにします

3. 鍋に酒を入れ沸騰させ、水を入れ沸かし 1.  2. を入れます

4. 沸騰したら、メープルシロップを入れ、しょうゆを入れ、落としぶたをして煮ます

5. 15分ほど煮たらみりんを入れつやをだし、器に盛り、針しょうが(分量外)とさっとゆでた絹さや、木の芽を添えます

ページの先頭へ戻る

ページを閉じる