2012年4月23日(月) 放送

板チョコで簡単!
チョコレートムース
パティシエ:小笠原俊介さん(VTR)

毎週月曜はさらさらクッキング。今回は板チョコを使って
簡単に作ることができる、チョコレートムース。
パティシエの小笠原俊介さんに教えてもらいます。


チョコレートムース

材料
<材料 4人分>
板チョコレート(ミルク)…50g
コーンフレークス…55g

板チョコレート(ビター)…100g
生クリーム(乳脂肪分35%)…60ml
生クリーム(乳脂肪分35%)…185ml

粉砂糖…少々
作り方

(1)ムースの中に入れるさくさくしたチョコレートを作ります

  • 板チョコレート(ミルク)を細かくし、50度くらいのお湯で湯せんして溶かします。
  • コーンフレークスを5mmほどの大きさになるまで手でつぶします。
  • コーンフレークスに溶かしたチョコレートを入れ、表面がチョコレートでまんべんなく覆われるまで、ゴムべらなどでつぶしながら、混ぜ合わせます。
  • 空のボウルの内側にラップフィルムを敷いて3を入れて軽くまとめます。ボウルから取り出し、四角く包みます。体重をかけて押しこみながら空気を抜いて、10分ほど冷蔵庫で冷やします。
  • 固まったもののうち2/3を2~3センチ角に切り、残りを粗みじんに刻んでおきます。

(2)チョコレートムースを作ります

  • 生クリーム(185ml分)を6~7分立て(泡立て器を持ち上げるとすっとクリームが落ち、線を引くと線の跡が残る程度)くらいまで立てます。
  • 板チョコレート(ビター)を細かくして湯せんで溶かします。
  • 生クリーム(60ml分)を沸かし、溶けたビターチョコレートに3回に分けて入れます。
      ※必ず数回に分けて入れ、その都度しっかり混ぜ合わせ手下さい。
  • チョコレートの温度が40度くらいなのを確認してから、立てた生クリームを入れて手早く一気に混ぜあわせます。
      ※チョコレートの温度が低い時は湯せんをして温め、高いときは水で冷やして冷まします。

(3)グラスに入れます

  • (1)の5で作ったさくさくしたチョコレートを2~3コ、グラスの底に入れます。
  • グラスの高さの1/3ほどまでチョコレートムースを入れ、コップの底を机に軽くたたきつけて空気を抜きます。
  • これを3回繰り返します。
  • ムースの上に粗みじんに刻んださくさくしたチョコレートをのせ、粉砂糖をふり、冷蔵庫に入れて冷やします。

チョコレートムースのケーキ

材料
<材料 1人分>
カステラ…1切れ
いちご…3コ
ラズベリー…4コ
オレンジ…1/4コ(皮はすり下ろす)
(果物はお好みのものをご用意下さい)

さくさくしたチョコレート…お好みで
ココア…少々
粉砂糖…少々
タイム…あれば
作り方
  • カステラは一口大に、果物は食べやすい大きさに切ります。
  • 皿にカステラと果物、チョコレートムースで作ったさくさくしたチョコレートの残りをすべて半量ずつのせる。
  • ムースを少量別の器にとり、すりおろしたオレンジの皮を加えてまぜ、まざったら元のムースに戻してさらに混ぜ合わせます。
      ※ムースがつぶれてしまうので、軽く混ぜましょう。
      ※オレンジの皮は、よく洗うか、無農薬のものを選ぶとよいでしょう。
  • カステラなどの上にムースをのせ、その上に残りのカステラやフルーツなどをのせます。
  • 仕上げにココアと粉砂糖をふるい、あればタイムなどを飾ります。
    (果物やさくさくしたチョコレートなどはお好みの果物やお菓子などでもお楽しみいただけます。)
ページの先頭へ戻る

ページを閉じる