2012年1月23日(月) 放送

アレンジ恵方巻き
シェフ:廣瀬ちえさん

毎週月曜はさらさらクッキング。
今回はシェフの廣瀬ちえさんが、アレンジ恵方巻きを教えてくれます。韓国風アレンジや、にんじんを使って炊きあげるごはんなど、おいしく楽しい恵方巻きができますよ。


アレンジ恵方巻き・白ごはん

材料
<材料(2人分・2本)>
米…1.5合
ごま油…大1
塩…小1
白ゴマ…大1 1/2
のり…2枚(14cm×19cm)

<具材>
きゅうり、たくわん、にんじん…(5mm角×長さ10cmの棒状) 各4本
(※にんじんは茹でて下さい)
キムチ…40g
ほうれんそう…3株
(※しょうゆ・ごま油 各小1/2)
厚揚げ(1cm各×長さ10cmの棒状)…各4本
しいたけ…3枚
(※厚揚げとしいたけの味つけ…しょうがのすりおろし小1、酒、さとう、しょうゆ 各小1と1/2を混ぜておきます)
  • ほうれんそうは、茹でてからゴマ油、しょうゆで下味をつけておきます。
  • フライパンにゴマ油(分量外)を入れ熱し、厚揚げと椎茸を炒めます。全体に火が通ったら調味液入れ、汁けがなくなるまで炒めます。
作り方
  • 炊いたごはんにごま油、塩、白ごまを入れて軽く混ぜ合わせます。
  • 巻きすの上にのりを横長におきます。
    海苔の手前の少し(1cmくらい)と反対側を2cmほど開けるようにごはんを乗せて行きます。
    ごはんは数カ所に小分けしてのせてから広げると均等に広がります。
  • 真ん中より少し手前側に具材をのせます。
    先に芯となるきゅうり、たくわん、にんじんをのせて、しいたけ、ほうれんそうなど全ての具材をのせます。
  • 指で具を押さえながら巻きすの手前を持ち上げ、具材を押し込むようにしながら一気に向こう側の端まで巻き、巻きすの上から押させて安定させて完成です。
  • 巻きすの上から輪ゴムで2カ所とめて、しばらくおくと崩れにくくなります。

にんじんご飯の作り方

材料
米…1.5合
にんじん…1/2本(100g)
水…200ml
ごま油…大1
塩…小1
白ゴマ…大1 1/2
作り方
  • 炊飯器にといだ米と、すりおろしたにんじん、水を入れて炊いて下さい。
  • 白ご飯の恵方巻きと同じように、具材を用意して海苔でまいて完成です。

お花の巻き寿司

材料
にんじんご飯…125g
白ごはん…200g
のり…2枚(14cm×19cm)
にんじん(5mm角×長さ10cmの棒状)…2本
ほうれんそう(下ゆでしたもの)…1株
作り方
  • 14cm×5cmに切ったのりに、にんじんごはんをのせ花びらの形になるよう巻いたものを5本作ります。
  • 帯状ののりを巻きすに2枚おき、その上にのりでまいたにんじんご飯と、中心にくるように棒状のニンジンをのせ、巻きすごと巻きます。
    しっかり押さえて、花の模様の完成です。
  • のりの上に白いご飯を広げ、少し手前に(2)で作った花の模様となるにんじんご飯とほうれんそうをのせて、巻きすで一気に巻きます。
  • 巻きすごと輪ゴムでとめ、しばらくおいてから切ると崩れにくくなります。

※海苔巻きを切る時は包丁を水で濡すと切りやすくなります。

ページの先頭へ戻る

ページを閉じる