2011年9月12日(月) 放送

夏バテ解消料理(VTR)

毎週月曜はさらさらクッキング。今回はぬるねば野菜で夏バテ解消!
モロヘイヤや長芋を使ったそうめんを、シェフの廣瀬ちえさんに教えてもらいます。


ぬるねばそうめん

材料
(2人分)
そうめん…160g
オクラ…3本
きゅうり…1/2本
青じそ…2枚


モロヘイヤ…50g
長芋…5cm
わけぎ…2本
うなぎのかば焼き…1/4切

<A>
いりごま(白)…小1
塩こうじ…大1~2
<B>
だし…大4
薄口しょうゆ…大1

ごま油…大1


レモン汁…大1/2


<トッピング野菜>
ミニトマト…4個
※お好みで→しょうが(すりおろし)
刻みのり

レモン(薄切り)…2枚
梅肉
みょうが
作り方
  • モロヘイヤは塩を加えた熱湯でさっとゆで、手早く冷水で冷やして水気をしぼり細かく刻む。
    オクラは板ずりして産毛を取り除き、さっと水洗いして薄切りにする。
    長芋は皮をむきビニール袋に入れて手で叩く。
    きゅうりは5mm幅のいちょう切り、わけぎは小口切り、青じそは千切り、うなぎは2㎝幅に切る。
  • 1.の材料をボウルに入れて混ぜ合わせ、さらに<A>を加えてかき混ぜて味を馴染ませる。
  • <B>を混ぜ合わせてつゆを作る
  • たっぷりの湯でそうめんをゆでる。ゆで時間は1分半から2分、再沸騰してきたら吹きこぼれない程度に火加減を調節する
  • ゆで上がったらザルに移し、水で粗熱を取った後、流水でもみ洗いする。
  • そうめんを皿に盛り、2.で混ぜ合わせたものとトッピング野菜を上にのせる。つゆをかけ、全体を混ぜ合わせて食べる。


<塩こうじの作り方>
塩こうじは簡単に手作りでき、ドレッシングや炒め物などの塩のかわりや、中に野菜を漬け込んで漬け物を作ったり、魚や肉にぬって焼くと柔らかく焼き上がるなど幅広く使える。簡単に手作り出来るので作っておくと重宝な調味料。

<材料>(作りやすい分量)
乾燥米こうじ…200g、塩…60g、水…カップ1 1/2

<作り方>
(1)ボウルにこうじを入れて細かくし、塩と水を加えて良く混ぜ合わせる。
(2)大きめの密閉容器に移し、ゆるめにフタをして常温で置いておく(二酸化炭素が発生するのでそれを抜くため)
(3)2~3日に1度かき混ぜ、1週間から10日で出来上がり。冷蔵庫で半年は保存できる。

 

冷やし茶漬け(ぬるねば食材応用メニュー)

材料
(2人分)
冷やご飯…300g
<茶だし>
麦茶or番茶…120ml
しょうゆ…大さじ1

<トッピング>
おろしわさび
刻みのり



だし…120ml



梅肉
あられなど
作り方

※応用メニューとして「冷やし茶漬け」
そうめんに乗せた“ぬるねば食材”を冷やご飯に乗せて、冷たい茶だしをかけてたべる(お好みでトッピングを加える)

 
ページの先頭へ戻る

ページを閉じる