ページの本文へ

NHK名古屋のおすすめ

  1. NHK名古屋
  2. 名古屋のおすすめ
  3. 愛知 幸田町「新・BS日本のうた」 渡辺健太アナが見どころ案内

愛知 幸田町「新・BS日本のうた」 渡辺健太アナが見どころ案内

BSP4K 4/7(日) NHKBS 4/14(日)放送予定
  • 2024年04月01日

皆さん一緒にお手拍子を!
BSプレミアム4K、NHKBSで毎週日曜に放送中の「新・BS日本のうた」。新年度最初の放送は、番組のセットも新たに愛知県幸田町からお送りします!
出演者全員での「LOVEマシーン」、愛知出身 北原ミレイさんが「54年前のデビュー曲を披露」など、その見どころを一足先にご紹介します。
(「新・BS日本のうた」司会 アナウンサー 渡辺健太)

「期待の新曲満開!春の演歌祭り」新曲を漢字ひと文字でPR!

幸田町でのスペシャルステージは「期待の新曲満開!春の演歌祭り」と題して、出演歌手11組全員の新曲をお届けします。番組では、ご出演の皆さんに、新曲の魅力を「漢字ひと文字」で表現し、PRしていただきます!どんな「ひと文字」が登場したのか、放送に先がけ、少しだけご紹介します!

松尾雄史さんは「羽」

松尾雄史さんは新曲「赤羽ノスタルジー」にちなんで「羽」。都会的なまち・東京の赤坂を舞台にした恋の歌は多いと思いますが、この曲は赤坂ではなく、庶民的なまち・赤「羽」が舞台です。
「赤羽だからこそ昔の恋がより懐かしく感じられるのではないでしょうか」と話す松尾さんと「羽」ポーズで1枚!

松尾雄史さんと「羽」ポーズ!

青山新さんは「七」

令和の演歌・歌謡界を盛り上げる、演歌第“七”世代の一人として注目される青山新さんは「七」。新曲「女がつらい」の主人公の女性は、恋に破れた「七」歳年下の彼をあきらめきれず、全国各地をさまようという1曲です。今年はデビュー5周年、しかも年男!さらに磨きをかけた青山さんの女唄は聴き応えがあります。

演歌第“七”世代 青山新さんと

番組初登場!LAST FIRSTは「熱」

番組初登場!3人組ボーカルグループ「LAST FIRST(ラストファースト)」の皆さんは、新曲「コトノハ」を「熱(あつい)」と表現。初めての出演に“熱く”燃えながら、熱いラブソングを披露します。
「今回はソロだけでなく、大先輩とご一緒したり、バックコーラスを務めさせていただいたりとワクワクしている。グループの様々な魅力を感じてほしい」と意気込む“ラスファ”の活躍も必見です。

「熱(あつい)」LAST FIRSTのみなさんと

また「人」「涙」「触」「空」「伝」「間」「春」…さらには創作漢字まで飛び出した「漢字ひと文字」で新曲紹介!どの歌手が、どんな文字で表現するのか!?歌はもちろん、歌手の皆さんの人柄なども垣間見えるお話はとても興味深いです。帰り道に思わず口ずさみたくなるような曲や、カラオケの“十八番”になる曲など、お気に入りの曲をぜひ見つけてください!

番組初披露!「LOVEマシーン」を出演者全員で!

出演者のみなさんと

さらに今回は、春のお花見シーズンにピッタリな“花にまつわる名曲メドレー”や、演歌祭りをより盛り上げる“宴会ソングメドレー”でもお楽しみいただきます。歌手の皆さんが客席へ飛び出し…会場のボルテージは最高潮!

特に注目していただきたいのは、番組初披露!「モーニング娘。」の「LOVEマシーン」です。平成の大ヒットソングを出演者全員で歌う、これぞ大宴会!幅広い世代の歌手の皆さんが盛り上がるステージは新鮮で、この番組でなければ実現しないコラボレーションです。何より最後の「LOVEマシーン」の一言は、一度見たら忘れられない…珠玉のシーン!いったい誰が、どう表現するのか…お楽しみに。

そのほか、会場から大きな笑いが起こる「うちの女房にゃ髭がある」もたまりません!“かかあ天下ソング”として知られるこの曲では、北原ミレイさん、川中美幸さん、秋元順子さんの“3人の女房”が登場し、「なんです あなた」と夫の大川栄策さんに言い寄りながらドギマギさせる様子がなんともコミカルで見応えがあります。今年度最初の放送から永久保存版とも言えるシーンが盛りだくさんです!

愛知出身 北原ミレイさん デビュー曲と「情熱の花」を披露!

北原ミレイさんと

さて、ご出演の北原ミレイさんは愛知県のご出身。
「故郷で歌うのは特別。全国各地どこで歌っても、愛知県の温かさに勝る場所はない。応援してくれる人がいる心強さを感じる」と話します。

この日も「ミレイ」と書かれた手作りボードを掲げる人が観客席にいらっしゃるなど、地元で愛されていることがうかがえます。

今回は54年前に発表したデビュー曲「ざんげの値打ちもない」を披露。「故郷を出てやっと歌手になれた大切な一曲」と北原さんが思いを寄せるこの歌の作詞は、数々のヒット作を世に送り出した阿久悠さんです。
「お互いにデビューしたばかりで駆け出しだった僕たちにとって、この曲のヒットが“道標(みちしるべ)”になったね」と、北原さんがデビュー20周年を迎えた時にかけられた言葉が今も忘れられないと言います。
世間の荒波ですれていく孤独な女性の思い出をたどるドラマチックな世界…大切に言葉を噛みしめながら故郷のステージで歌う北原さんに引き込まれます。

さらに、愛知県が生んだスーパースター「ザ・ピーナッツ」の「情熱の花」に初挑戦。「若い頃よく聞いていたけど、歌うのは初めてなの!」とノリノリで踊りながら楽しむ北原さんが印象的です。

幸田町でつながる“縁”

そして…“幸”田町でつながる“幸”せな縁も!

椎名佐千子さん、中西りえさんと

三重県出身の中西りえさんは、今回共演した椎名佐千子さんのデビュー曲「御意見無用の人生だ」を「NHKのど自慢」で歌って今週のチャンピオンになったのをきっかけに、歌手への道がひらけたと話します。

この日は、松田聖子さんの「チェリーブラッサム」をデュエットするなど、憧れの椎名さんとのステージに大感激!先輩の椎名さんも「私ももっと頑張らないと!」と思いを新たにしている姿に私は心が温まりました。


愛知県幸田町で収録した「新・BS日本のうた」は、BSプレミアム4Kでは4月7日(日)午後7時30分から、BSでは14日(日)午後7時30分から放送する予定です。くわしくは、番組のホームページをご覧ください。

  • 渡辺健太 

    NHKアナウンサー  

    渡辺健太 

    新・BS日本のうた司会

ページトップに戻る