ページの本文へ

NHK名古屋のおすすめ

  1. NHK名古屋
  2. 名古屋のおすすめ
  3. 西尾市からパリコレへ!デザイナー久保田千絵さん

西尾市からパリコレへ!デザイナー久保田千絵さん

  • 2023年12月04日

愛知県西尾市を拠点に活動する久保田千絵さん(40)
2024年の秋にはパリコレクションに参加予定の注目のデザイナーです。
特徴は「お客さんにとことん寄り添う衣装作り」、久保田さんの製作への思いを取材しました。
(NHK名古屋 リポーター 浦野莉恵)

西尾市のデザイナー 久保田千絵さん

新しい結婚のスタイルとして近年、若い世代を中心に人気が高まっている「フォトウエディング」。

今回の東海すごいぜ!は、こうした「フォトウエディング」などで、自分にあった、オリジナリティーあふれるドレスを作ってくれるデザイナーです。
なんと2024年のパリコレクションにも出展予定の注目の人物が、愛知県西尾市を拠点に活動している久保田千絵さん(40)です。デザイナーとしておよそ20年、これまで100着以上のドレスを作ってきました。

デザイナー 久保田千絵さん
「花嫁に着ていただいて、寄り添うことができるデザインというのをすごく大事にしている」

花嫁と作り上げる「変幻自在なドレス」

全国からカップルが訪れる人気の秘密は「変幻自在なドレス」です。

例えばこちらの白いシンプルなドレス。

久保田さん

このシンプルな状態からオンしていきます。

ブラウスを着せると、清楚でクラシカルな印象が変わります。さらにスカートも、ひらひらしたフリルがある華やかなものや、濃い青色のカラードレスなどバリエーションが豊富!パーツを付け替えるだけで、オーダーメードのようなドレスになります。

久保田さんがお客さんの要望を聞きながら新しいパーツもデザインするため、その組み合わせは無限大です!この「変幻自在なドレス」、きっかけは「花嫁が着たいドレスを一緒に作り上げたい」という思いでした。

もともとは1着でデザインが完成するような、私が作りたい世界観のドレスを作っていたんですけれど、お客さんに試着してもらっているうちに「すごくかわいかったんだけど私には甘すぎる」とか、着てみて初めて気付くことがあるので、コーディネートありきのドレスが生まれました。

デザインした服を撮影現場でコーディネート

ウエディングドレスだけでなく、子ども用の和服などハレの日の衣装も手がけている久保田さん。
この日は、子どもの成長を祝う七五三の撮影でした。

久保田さんがすごい!のは、撮影に同行して自分の作った服を現場でコーディネートしてくれるところです。

写真撮影が始まると、撮る場所の背景や体の向きに合わせて、衣装をコーディネート。デザイナーの視点で、現場を仕切ります。

こちらのシーンでは、茶色の壁に映える手作りの白い付け襟を加えました。お客さんの魅力を最大限に引き出すため、臨機応変に対応します。

撮影に参加した7歳の女の子

楽しかった。

撮影に参加した父親

久保田さんに選んでいただくとその子にあったものを一緒に考えて一緒に決めていただけるので、とてもいいものを選んでいただけた。家族みんなで絶対一生に残る写真が撮れたと思います。

 

パリコレクションへの挑戦

お客さんに寄り添い、ハレの日の衣装を製作してきた久保田さん。ことしはすごい!オファーも舞い込んできました。それが世界最高峰のファッションの祭典「パリコレクション」への参加です。

SNSを通して、花嫁と一緒に作り上げる変幻自在なドレスなどが関係者の目にとまり、パリコレのランウェイでデザインしたドレスを発表することになりました。

久保田さんが参加するパリコレは2024年の秋。自身の夢の舞台に向けて、アイデアを膨らませています。

パリコレに出るというのは私の人生の中でも自分史上最大のチャレンジになるんですが、パリコレクションだからといって変に気負ってしまったりとか、フランスや世界で評価してもらうことを意識しすぎるのではなく、花嫁に向けて作ってきた自分のコンセプトを変えることなく向き合って作っていきたいと思います。

取材を終えて

久保田さんは、自分の作るドレスや取り組みで地域を盛り上げたいという思いがあり、西尾市と協力して、市の文化財を活用したウエディングの撮影なども企画しています。

取材を通して、撮影現場に同行し、写真を撮る直前まで衣装やコーディネートについて考え、デザインする久保田さんに、デザイナーとしてのこだわりや誇りを感じました。
ハレの日の衣装でたくさんのお客さんの希望を叶えてきた久保田さん、自身の夢であるパリコレへの挑戦をこれからも注目していきたいです。

  • 浦野莉恵

    NHK名古屋放送局 リポーター

    浦野莉恵

    愛知県豊橋市出身
    昨年度から「東海すごいぜ!」を担当し、東海地方の伝統産業や全国から注目を集める、すごい!技術や取り組みを取材しています。

ページトップに戻る