ページの本文へ

NHK名古屋のおすすめ

  1. NHK名古屋
  2. 名古屋のおすすめ
  3. 【藤井彩子アナの酒紀行】三重・名張“ワンオペ”で酒造り!?

【藤井彩子アナの酒紀行】三重・名張“ワンオペ”で酒造り!?

  • 2023年11月24日

 

お酒大好き♪藤井彩子です❣
11月25日(金)の「まるっと!」酒紀行 
第4弾をご覧いただき、ありがとうございました!
●第1弾:三重県名張市の木屋正酒造
●第2弾:愛知県の関谷醸造のオーダーメイド酒(過去記事読んでね!)
●第3弾:岐阜県高山市の舩坂酒造店(こちらも過去記事アリ)に続き
ふたたび三重県へ。今回は、名張市にある福持酒造場です。

三重県酒造組合の品評会で毎年のように部門ごとのトップの賞を受賞!

トロフィーのほんの一部です

全国新酒鑑評会でも最高賞の金賞を受賞しています!
 

今回取材したのは特別本醸造

それまで無名だった銘柄をわずか数年でここまでに成長させた杜氏兼社長とは
一体どんな人物なのか?!それを知りたくて、名張市へ!

国道165号線沿い!結構車通り激しい

どこが入り口?!一瞬迷いました。この方が!杜氏兼社長の羽根清治郎さん!
 

羽根さん、お会いできて光栄です!

蔵の中を案内していただくと・・・
 

蔵の中を歩いてみると…

 

壁にはヒビが!
天井には穴が!

江戸時代に建てられたと伝わるこちらの建物。
元薬屋さんだったものを譲り受け、明治8年に酒蔵として創業したんだそうです。
 


びっくりしたのが、コチラ!
 

傾いている建物を、ワイヤーで引っ張っているんだそう!

藤井「効果あるんですか?」
羽根「今のところ倒れてないこと考えたら…効果あるんですかね」
藤井「すごいですね」
羽根「中で作業する者としては、あまり心地が良くはないですけどね。
   すごいっていうか何ちゅうか…呆れますね(笑)」

しかも、他の社員や蔵人の姿が全く見当たらない・・・

そうなんです!羽根さんは、基本的に、ひとりだけで酒造りをしているんです!

羽根さんは、大阪府吹田市のご出身。
大阪の高校を卒業後、京都大学に入学。
ゴリラ研究の第一人者で、京大前総長の山極壽一さんのもと、
ニホンザルの行動を研究。

その後は…なぜかシステムエンジニアとして、東京のIT企業に勤めていたんだとか。

人生の転機が訪れたのは、2014年。
祖父の葬式で久しぶりに名張を訪れた時のこと。
20年ぶりに会った祖父の弟から、いきなりこんなことを言われます。
 

祖父弟「おう。お前…清治郎か??元気か?酒造り、せえへんか?」

何かの冗談だろう?と思って気にも留めていなかった羽根さん。
ところが、四十九日の法要で、再び。

祖父弟「おう。清治郎か?気ィ固まったか?」

羽根「その時初めて、この人本気やったんや!って」

そこからは、成り行きでこの蔵に。
蔵にあまりお金がないと気づかされたのは
会社を辞めて、杜氏を引き受けてしまった後のことでした・・・


そこで、羽根さんが編み出したのが・・・
ワンオペ酒造り

なんと!米作りから!
 

トラクターも自分で運転します

羽根さんのお酒は、
この米の甘みを最大限に引き出した、しっかりとした飲みごたえが特徴。
でも後味がすっきり!その秘密はどこに?!

「ちょっと企業秘密かもしれないですけど・・・」と言いながら教えてくださったポイントは
酒母(しゅぼ)に“白麹”を使うこと!

酒母は、たいてい蒸した米に麹と酵母、水と乳酸を加えて作ります。
羽根さんは、乳酸を使わずに、白麹が出すクエン酸で、キレの良い後味を生み出したのです。


羽根さんのお酒に合う料理を教えていただきに津駅の近くの飲食店へ・・・

 

島田昴祐さん

店主の島田昴祐さんは、
今年の全国利き酒選手権三重県大会で全問正解した、日本酒の、味のエキスパートです。


そんな、島田さんが選んだのは・・・

マンボウのホルモン天ぷら

伊勢湾で獲れる珍味=マンボウのホルモン天ぷら
特別本醸造のぬる燗(42℃)と共にいただきました。

シャキシャキサクサクの食感!

ホルモンの脂が、お酒の上品な甘みに溶けてく!
混然一体となった旨味の洪水が口の中いっぱいに!!!おいし~!
お酒との無限ループが止まりません!

同じ特別本醸造の冷酒には、コチラ!

地元津の会社の、アノ、ラーメン菓子のクリームチーズ和え

こちらは、クエン酸の出す酸味とクリームチーズの相性が抜群!
これは、家庭でも作れます。
5連のラーメン菓子19gに対して、クリームチーズ20g(ほぼ同量)
それを和えて、刻み海苔をトッピングすれば出来上がり。
ただ、ポイントがひとつ。
クリームチーズを敢えて一旦冷凍しておき、
解凍時に出る水分を拭きとっておくこと。
こうすることで、お菓子のポリポリした食感が長く楽しめます♪
冷凍しておけば、チーズの長期保存もできるので一石二鳥ですね。

これから、羽根さんがどんなお酒を造っていくのか
楽しみで仕方ありません。

ありがとうございました!


 

  • 藤井彩子

    名古屋放送局アナウンサー

    藤井彩子

    「東海ドまんなか!」キャスター
    お酒と酒文化を探求する日々

ページトップに戻る