ドラマ×ドキュメント

ストーリー

高校生の結は“思いがけない妊娠”をし、ひとりで悩んでいた。
偶然知り合った児童相談所の職員・千春とともに産婦人科を受診したところ、
すでに中絶はできなくなっていた。結の母親は娘の妊娠に驚き、ぼう然としてしまう。
おなかの子どもの父親で同級生の翔太は、妊娠の事実と向き合おうとしなかった。
そのため、千春は結の気持ちに寄り添いながらさまざまな選択肢を提示していく。
その中の一つが、“赤ちゃん縁組”(新生児の特別養子縁組)だった。
さまざまな事情で生みの親が育てることができない赤ちゃんと育ての親を養子縁組する。翔太からの連絡はないまま、出産の日は刻一刻と近づいてくる。

「赤ちゃんの幸せにとって何が大切なのか」。

悩み抜いた末に、結が行った選択とは—
ドラマと、本物の養子縁組家族のかけがえのない瞬間を捉えたドキュメント映像を
織り交ぜた演出で、命の尊さを伝える。

【音楽】 小田朋美
【作・演出】 大橋 守
【ディレクター】 猪瀬美樹
【制作統括】 江川 寛三鬼一希
交際していた結と翔太 しかし
妊娠を機にふたりの関係に変化が…
結の気持ちに常に寄り添いながら
助言をする千春
不妊治療を経験した夫婦
“赤ちゃん縁組” を待ち望んでいる
命の重さと向き合った結が
悩み抜いた末に行った選択とは—

番組には“赤ちゃん縁組”で結ばれた家族の貴重なドキュメントも織り込まれています。

赤ちゃんと育ての親の初対面
養子の当事者と育ての親