トクサツガガガ

みどころ

いつもニコニコ笑顔で
女子力が高いと
思われている。
でも・・・。
本当の私のことは
誰も知らない。

ものがたり

商社勤めのOL・仲村 叶(小芝風花)は特撮をこよなく愛する隠れオタク。
仲村の母親(松下由樹)は、女の子らしさを好み、特撮のことを嫌っている。それゆえ母はもちろん、職場の同僚たちにも特撮オタクであることは一切秘密だ。そんな仲村は日々の生活の中でさまざまなピンチに陥る。「ど、どうすれば…」。すると、突然、仲村の脳内が特撮モードに切り替わり、彼女にしか見えない特撮ヒーローが現れ、彼らの言葉に勇気づけられた仲村は、次々にピンチを切り抜けていく。
そして、特撮オタクの先輩・吉田さん(倉科カナ)や同僚・北代さん(木南晴夏)、小学生の男の子・ダミアン(寺田 心)、コワモテ・任侠さん(竹内まなぶ)など、新しい仲間と出会い友情を育み、特撮オタクOLとしてパワーアップしていく。
日常生活で直面する「あるある!」な壁に葛藤しつつも前向きに奮闘する仲村の姿を描くコメディードラマ。

主題歌「ガガガガガガガ」
ゴールデンボンバー

この度は主題歌の御指名ありがとうございます!ゴールデンボンバーのようなクセのあるグループを指名したと言うことは普通の無難な曲を求めていないだろうと思いまして、およそドラマ主題歌では通らなそうな変拍子をブチ込んだりしてみました!やっぱり制作側の方々もブッ飛んだ人だったらしく気に入ってもらえたので今思うにこの光栄なお仕事を受けられたのはゴールデンボンバーかQueenくらいかなと思いました!
トクサツガガガ、是非ご覧ください(^-^)

ゴールデンボンバー鬼龍院 翔

制作者からの言葉

原作者丹羽 庭

ドラマパートはもちろん、特撮パートも細部にわたる小ネタまでガッツリ作っていただき、最高に楽しい、いい意味でやりすぎなドラマになっていると思います。原作にあるエピソードはもちろん、ドラマだけの楽しい展開もたくさん用意していただきました。音楽もアクションも役者の皆様の演技も漫画では絶対表現できない広がりとパワーを持っていて原作通りではなく、原作の見えない部分、原作以上の部分を沢山かいていただけました。なので私が一番色々教わり楽しみにしている人間だと思うのですが、見ていただけるかたも同じように感じていただけたら嬉しいです。また特撮を離れている人、みたことない人が観てみようかなと思えるきっかけになれたら最高です。

脚本家田辺 茂範

もうあまり記憶にないのですが、僕にとっての最初の特撮ヒーローは『秘密戦隊ゴレンジャー』で、その中でも特にキレンジャーが好きだったようです。両親と祖母と叔父さんにむりやり他のゴレンジャーを演じさせ、何度も全員で名乗りをしないと気が済まなかったらしく、あれは大変だったと母から聞かされました。
特撮に限らず、好きだったドラマやアニメなんかの、そんなエピソードって誰にでもあると思います。
トクサツガガガは、特撮ヒーローをこよなく愛するオタクの物語ですが、このドラマ自体が誰かにとってのそんな作品になったらいいなあと思っています。

演出末永 創

人には絶対知られたくない、私の好きなこと…たったそれだけの事が巻き起こす、ふだんの生活のなかのサスペンス、喜劇、悲劇!小芝風花さんの表情豊かな表現、共演者のキラっとしたお芝居と共にオタのしみください!!

制作統括吉永 証

原作者の丹羽さんから聞いた言葉「人はすべてが分かり合えるものではない。好きになれるところまで、その人と距離をとる(近づかない)」。今回のドラマ制作の過程で、私がもっとも目からウロコが落ちた言葉です。
仲村さんをはじめ、吉田さん北代さんはお互いを知ることで距離が近づきます。しかし、決してベタベタした関係にはなりません。相手のことを根掘り葉掘り聞いたり、相手を変えようと行動したり、相手の価値観に踏み込んだりしない。(それゆえお母ちゃんが厄介なのです)今の若い人は、そんな考えで生きているのかもしれないと思いました。
多くの若い人たちに共感してドラマを見てもらえたらサイコーです!

放送予定
2019年1月18日(金)スタート
総合 毎週金曜
夜10時から10時44分連続7回
原作
丹羽庭
脚本
田辺茂範
音楽
井筒昭雄
出演
小芝風花倉科カナ木南晴夏森永悠希
本田剛文(BOYS AND MEN)武田玲奈
内山命(SKE48)寺田心竹内まなぶ
松下由樹ほかの皆さん
演出
末永創新田真三小野見知
制作統括
吉永証

ページトップへ戻る

NHKの
サイトを
離れます