2009年12月25日 (金)88年の時を越え・・【辻本瑠美奈】


o0550041310154407261.jpg

大正10年に建てられた「西大須ビル」
民間の建物としては、名古屋市中区で最も古いとされ、その歴史は88年にもなります。

その古いビルを、ことし地元で活躍する若手インテリアデザイナー2人が復活させました!!
専門学校時代の同級生という、政木亮二さん山本敦さんです。
「32歳」と若い2人ですが、建物への情熱や信念が強く伝わってきて、
お会いする度に“仕事との向き合い方”を考えさせられます。

1年前から取材を続けてきた中で一番の関心は、
“築88年のビルがどう生まれ変わったか”。
やはり気になりますよね~。

o0600054610173779357.jpg生まれ変わったビルがこちら!!

まったく印象が違います!!!o06000543101737793592.jpg
でも実際にビルを見ると、どこか周りの風景に溶け込んでいて、
ずっとそこにあったかのように感じるんです。
不思議ですよね~。

実は、今回2人が用いた手法が『リノベーション』というものなんです。
  単なる改修に留まらず、建物が持つ歴史に新たなデザインや機能を融合して、
  新築以上の付加価値を持たせるものです。

柱や窓のサッシなど、細かい部分を見れば、
リノベーションされたものだというのがすぐにわかりますよ♪
皆さんも見に行ってみてはいかがでしょうか。

取材の最後に、テナントの方やビルのオーナーさんも集合して、
みんなで記念撮影をしました☆
みなさん、ありがとうございましたm(_ _)m
2551.JPG

投稿者:辻本 瑠美奈 | 投稿時間:11:54


ページの一番上へ▲