おすすめ番組

画像

長崎☆夜のナイショ話

[長崎県域]2月12日(金)[総合]午後7:30〜7:55
[長崎県域]2月13日(土)[総合]午前7:35〜8:00(再放送)

今夜、長崎の街に一軒のバーがオープン。たくみな話術で知られる田明さんが長崎をこよなく愛する人たちとディープなナイショ話を語りつくします。
テーマは「カステラ」。地元の人も知らない驚きの食べ方や、あのしっとりとした口当たりが魅力の長崎カステラらしさを決定づけた材料の秘密、オリンピックとカステラの意外な関係など、銘菓のナイショ話が盛りだくさん。あなたもきっとカステラのことを誰かに話したくなる。

(※“バー”は演出です。事前の感染予防対策を徹底して収録しました。)


画像

【発効1か月】
世界は変わるか 核兵器禁止条約

[長崎県域]2月19日(金)[総合]午後7:30〜7:55
[九州沖縄]2月27日(土)[総合]午前10:55〜11:20(再放送)

1月22日「核兵器禁止条約」が発効しました。核兵器そのものを国際法違反と位置づけ、使用などを禁じる内容で、被爆地・長崎の悲願である核兵器廃絶への訴えが原点となって結実したものです。しかし、条約にはアメリカ、中国などの核保有国や核抑止力に依存する日本は参加しておらず、実効性を持つには困難な道のりが予想されています。
条約発効を機に、いま、長崎は何ができるのか―条約成立に尽力した国際NGOの日本代表や、政治に市民の意見を反映させるために活動する若者とともに考えます。


画像

【長崎セレクト】
釣りびと万歳
「絶景の海 華麗なイトヨリダイを狙え 〜マギー 長崎・九十九島〜」

[長崎県域]2月27日(土)[総合]午前9:30〜9:59

「釣りびと万歳」は、釣り好きタレントが、全国の“釣りスポット”を訪ね、その土地ならではの釣り方や珍しい釣りのテクニックを地元の指南役“釣り兄貴”から教わりながら、日本全国の様々な魚に挑戦する番組です。
今回は、入り江が複雑に入り組む“多島美”の海・長崎県九十九島。独特な地形が生み出す潮の流れと島々から注ぐ栄養分が豊かな魚を育む好漁場。この海で狙うのは色鮮やかで美しいイトヨリダイ。旬を迎えて甘さが際立ち、地元ではあのアマダイと人気を二分するほどの旨さ。隠れた高級魚です。釣り好き俳優のマギーさんが、絶景の海で40cmオーバーの大物を狙います。
(2019年12月1日 初回放送)

【釣りびと万歳】サイト https://www4.nhk.or.jp/angler/


画像

NHKスペシャル 2030 未来への分岐点
第3回 プラスチック汚染の脅威
〜新たな社会システムは構築できるか〜

[全国放送]2月28日(日)[総合]午後9:00〜9:50
●長崎大学協力 ●対馬で取材

持続可能な未来のために、人類が直面する世界規模の課題の未来を展望し、解決策を探るシリーズ「2030 未来への分岐点」の3回目。
とどまることを知らない、ブラスチックの使用と廃棄。今、最も懸念されるのが、5ミリ未満に砕けた「マイクロプラスチック」(MP)、さらに微細なナノレベルの粒子となった「ナノプラスチック」(NP)による汚染です。MPの誤飲が続くと、稚魚が減少し、海洋資源の先細りにつながると指摘されています。さらに、NPが細胞レベルで生体を傷つけ、私たちを脅かすおそれも浮かび上がってきました。
プラスチック汚染の実態、社会システムの刷新をめざす最前線から、2030年に向けた処方箋を探ります。


ワイルドライフ
「絶滅から救え!日本の野生動物」

[全国放送]2月8日(月)[BSプレミアム]午後8:00〜9:00
[全国放送]2月15日(月)[BSプレミアム]午前8:00〜9:00(再放送)

ワイルドライフでは、粘り強い長期取材や新しい機材での映像表現、挑戦的なテーマでとらえた「地球の素顔」をお届けします。壮大な大自然の絶景、躍動する命の世界を、豊かな映像でとらえた骨太の自然番組です。
日本で絶滅の恐れがある野生動物は1446種にもなります。そうした生きものたちを救おうと日本各地でさまざまなプロジェクトが行われ、その成果が現れはじめています。
長崎県の対馬では、動物園で生まれたツシマヤマネコを野生に戻すための技術開発が始まっています。ツシマヤマネコは、世界で対馬だけに住む野生ネコで、その数わずか100匹。いつ絶滅してもおかしくない危機的な状況にあります。哺乳類の野生復帰に向けての取り組みは、日本では初めてです。
番組では、ツシマヤマネコや二ホンライチョウの事例を中心に、絶滅のふちからの復活をめざす動物たちとそれを支える人々の姿から、かけがえのない日本の自然の価値を伝えます。

【ワイルドライフ】サイト https://www.nhk.jp/p/wildlife/


画像

大河ドラマ「青天を衝け」

2月14日(日)放送開始!

[全国放送][総合]毎週日曜日 午後8:00〜8:45 ※初回のみ60分
[全国放送][BSプレミアム][BS4K]毎週日曜日 午後6:00〜6:45
主演:吉沢亮 作:大森美香 音楽:佐藤直紀

大河ドラマ第60作の主人公は、新1万円札の顔としても注目される「渋沢栄一」です。
約500の企業を育て、約600の社会公共事業に関わった「日本資本主義の父」。
晩年は民間外交にも力を注ぎ、ノーベル平和賞の候補に2度選ばれています。

幕末から明治へ。時代の大渦に翻弄され挫折を繰り返しながらも、青天を衝くかのように高い志を持って未来を切り開きました。
「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢は、生涯青春の人でした。

2021年、若き心で挑戦を続けた男・渋沢栄一との出会いにご期待ください。

【大河ドラマ「青天を衝け」】公式ホームページ https://www.nhk.or.jp/seiten/


画像

Journeys in Japan 長崎・対馬 国境の島

[全国放送]2月24日(水)[BS1]午後2:00〜2:30
[全国放送]2月28日(日)[BS1]午前4:30〜5:00(再放送)

誰でも知っているような有名観光地から、ガイドブックに載らないような小さな町まで。
日本に住む外国人リポーターが訪ね、人々とふれあい、そこでしかできない体験を通して、「さまざまな日本」の姿を美しい映像でじっくりと伝える旅番組です。
韓国のプサンまで直線距離でわずか50キロにあり、「国境の島」と呼ばれる対馬。昨年、鎌倉時代の元寇をモチーフにしたビデオゲームが世界中で大ヒットし、その舞台となった対馬が注目されています。
7世紀に日本が中国の唐に敗れた「白村江の戦い」に始まり、元寇、豊臣秀吉による朝鮮出兵、そして日露戦争…。国境の島・対馬は常に国家間の緊張にさらされ、翻弄されてきました。旅人のアメリカ人、ブランドン・チンとともに対馬の歴史をめぐり、島の人々の豊かな暮らしと現在の対馬を取り巻く課題に触れていきます。

【Journeys in Japan】サイト https://www.nhk.jp/p/journeys/


画像

連食テレビエッセー きみと食べたい

[全国放送]12月24日(木)[Eテレ]午後10:00〜10:30
[長崎県域]1月30日(土)[総合]午前10:50〜11:20(再放送)
●舞台は島原市

女優の門脇麦さん(28)とフードエッセイストの平野紗季子さん(29)。2人の女性が旅に出ました。目的地は、長崎県島原市にあるレストラン。その店の料理は、イタリアンがベース。でも、梅干しと赤じそと昆布のソースや、地元でおやつとして食べる塩辛をのせた焼き芋をアレンジした料理など、島原で生まれ育ったシェフが“ここでしか食べられない”その土地に根ざした料理を生み出しています。さらに、料理の素材や地元の食べ方を探っていくと、行き着くのは島原の魅力。シェフの料理を入り口に、海や畑の食材、そして食堂の定食まで、食べ続ける2人の旅を平野さんが書き下ろすエッセーで綴ります。
極上の料理を、目と耳で楽しむ、これまでなかった新感覚の番組。

出演:門脇麦(俳優) 平野紗季子(フードエッセイスト) 読み:岡田健史(俳優)


画像

釣りびと万歳
「玄界灘で幻のスマを釣れ!〜市原隼人 長崎・壱岐〜」

[長崎県域]1月30日(土)[総合]午前11:24〜11:54

釣り好き有名人が、全国各地の釣りスポットを訪れ旬の魚に挑む『釣りびと万歳』。
今回狙うのは、水産王国・長崎に「もってこい」の魚「スマ」(地域名スマガツオ・ヤイトガツオ他)。熱血俳優・市原隼人さんに「もってこい」のターゲットです。舞台は、世界有数の好漁場・玄界灘に浮かぶ壱岐。スマはカツオ同様、高速で回遊するのに加え、カツオと違い鋭い歯を持っています。アタリは目が覚めるほど鮮烈で、ヒット後も高速で逃げ回ることから、釣りあげた時の喜びはひとしお。そして、何よりもうまい!食べた感想は誰に聞いても「全身トロ」。濃厚なうま味とほんのりとした甘み、口の中でとろける食感はマグロ以上とも。
番組初登場の市原さんは、カツオの王様にどう挑むのか?

釣りびと:市原隼人さん(俳優) 釣り兄貴:長嶋博雅さん(漁師)

【釣りびと万歳】サイト https://www4.nhk.or.jp/angler/


※番組のタイトルや内容・放送日時は、都合により変更となる場合があります。
▲ ページの先頭へ