ページの本文へ

長崎WEB特集

  1. NHK長崎
  2. 長崎WEB特集
  3. 全国高校野球選手権長崎大会 甲子園までの熱戦 2024

全国高校野球選手権長崎大会 甲子園までの熱戦 2024

  • 2024年06月14日

第106回全国高等学校野球選手権長崎大会は2024年7月13日(土)に開幕。夏の甲子園を目指して、46チーム(55校)が出場します。NHK長崎放送局ではラジオは準々決勝、テレビでは準決勝から中継でお伝えします。大会の見所や展望を紹介していきます。

組み合わせ抽選 シード校・注目校

6月14日(金)大村市のシーハットおおむらで全国高校野球選手権長崎大会の組み合わせ抽選が行われました。シード校は8校。去年秋の県大会、今年春の県大会、NHK杯の結果によって決まりました。

第1シード  長崎日大
第2シード  海星
第3シード  創成館
第4シード  瓊浦
第5シード  九州文化学園
第6シード  鎮西学院
第7シード  大崎
第8シード  長崎総合科学大学付属

 

トーナメントを4つのブロックに分けてお伝えします。

第1シード 長崎日大のブロック

1番左側のブロックのシード校は、秋・春・NHK杯といずれも優勝で第1シードの長崎日大と、第8シードの長崎総合科学大学付属。長崎日大は、佐世保商・佐世保西・平戸の連合チームと上五島の勝者と対戦。長崎総合科学大学付属は、ともに力がある島原と佐世保実の勝者と対戦します。

第4シード 瓊浦のブロック

左から2つ目のブロックのシード校は、第4シードの瓊浦と第5シードの九州文化学園。壱岐と長崎南山が初戦で対決。また、好投手のいる清峰や力のある小浜が同じブロックに入りました。

第3シード 創成館のブロック

左から3つ目のブロックのシード校は、去年夏の甲子園に出場して第3シードの創成館と、第6シードの鎮西学院。長崎西やNHK杯ベスト8の大村工業が創成館と同じブロックに入りました。鎮西学院のブロックには好投手・野原(3年)のいる長崎商業、投打に力がある波佐見が入り、激しい戦いとなりそうです。

第2シード 海星のブロック

1番右側のブロックのシード校は、秋・春・NHK杯といずれも準優勝で第2シードの海星と、第7シードの大崎。大崎は諫早東・国見・島原翔南・口加・諫早商の連合チームと長崎明誠の勝者と対戦。海星のブロックには、例年好チームを作ってくる鹿町工業が入りました。

第106回全国高等学校野球選手権長崎大会は7月13日(土)に開幕。試合の結果は随時、更新していきます。

  • 池田耕一郎

    NHK長崎放送局アナウンサー

    池田耕一郎

    2000年入局
    フルマラソンのベストは2時間43分42秒。
    休日は長崎あちこちの坂を巡っています。

ページトップに戻る