2021/08/02(Mon) 17:30暑中お見舞い申し上げます

皆さん、こんにちは。
気象予報士の佐藤と申しますが、覚えていますか?
というのも、7月26日~8月9日まで
『イブニング信州』の出演がありません。

210802sato_01.jpg

(干されている佐藤)

もうそろそろ皆さんの記憶から、
私という線香花火が消えていても
おかしくない時期でしょう。

せめてこの日記で、
もう少しだけ火薬を追加できたら...

そんな四尺玉級の想いを担いで、
本日の日記を打ち上げたいと思います。

でも、ただ書きつづるだけで
皆さんを楽しませられるような
ファビュラスな生活を送っていません。

納豆のフィルムをいかに美しくはがすか、
そういうことを考えている人間の日記は
基本的に読み甲斐はありません。

つまり、これはスピード勝負。
そう、まさに打ち上げ花火のように
次々に日々の様子を披露していかねば
見ている方は退屈してしまいます。

短い言葉で、一瞬で届く...
そんな表現方法が日本にはちゃんとありました。

それは

210802sato_02.jpg

そう、川柳です!
(タオルを頭に乗せキッチンペーパーを持つ佐藤)

というわけできょうは
いつも以上に暇を持て余した私の
川柳(全12句)をご紹介します。

しかも、その川柳をあらかじめ

NHK長野放送局の アナウンサー・キャスターの皆さんに送り、
どの句が好きか、投票をしてもらいました。
(複数投票可) i210802sato_03.jpg

(暑中見舞いに乗じて投票を依頼する様子)

連絡先を知っている全員に
いきなり送りつけたにも関わらず、
すぐさま全員が参加してくれました。

ちなみに 「どういうこと?」「なんで?」
という質問は一切ありませんでした。
話が早い、仕事が早い、ありがたい!

それでは、ランキング形式で
この夏の私の川柳をご紹介します!

第3位(3票)

210802sato_04.jpg

【解説】
グラスだと思って使っていたものが花瓶だと知り
ショックだった時の一句

210802sato_05.jpg

【解説】
ただの気象予報士あるある

第1位(4票)

210802sato_06.jpg

【解説】
どちらも適度に休んでほしいし適度な距離が必要

210802sato_07.jpg

【解説】
日焼け止めのフタが外れていた絶望の一句

いかがでしょうか。
何もしていない、何もできない私の日常が
端的に伝わるかと思います。

以下に、0~2票の作品を一気に披露します。
花火大会でいうフィナーレです。

210802sato_08.jpg

【解説】
その友人には『信濃の国』を歌っておきました
(0票)

210802sato_09.jpg

【解説】
『イブニング信州』がないと
「こんばんは」と言う機会がないと思った一句
(1票)

210802sato_10.jpg

【解説】
佐藤家のソウルフードはもんじゃであり
帰省した娘は何もしない様子がうかがえる一句
(1票)

210802sato_11.jpg

【解説】
テレビで甲子園を見ていて
「暑そ~」と思った時の一句
(1票)

210802sato_12.jpg

【解説】
久しぶりに会った実家の犬が薄情だった時の一句
(1票)

210802sato_13.jpg

【解説】
夏らしさを狙った一句
(1票)

210802sato_14.jpg

【解説】
満足するお酒の飲み方は、量でも度数でもなく
「乾杯」であると感じたあざとい一句
(1票)

210802sato_15.jpg

【解説】
親がケーキまで買って待っていた微笑ましい一句
(2票)

ぱっとひらめいて書いた川柳、
ぱっとひらいて咲いた花火のように
ほんの一瞬でも
皆さんの目にとまれば幸いです。

それではまた。

投稿者: 佐藤可奈子  | 

ページの一番上へ▲