2017年12月27日

『夏の思い出①』

ども! お久しぶりです。
気づけば半年ぶりの阪本篤志(72.7←前日は71.8だったのに…)です。
20171227.jpg
いや~ついに来ましたね、この季節が。
けさ、ご近所さんが雪かきをしていて、交わした言葉も「いや~来ましたねー」「ついに来ましたねー」でした。お互いなぜかすがすがしい表情で(笑)
外は比較的明るく、ふぶいているわけでもない。細かい雪がはらはらと舞い落ちるように降り続いている。そんな降り方だから悲痛な表情にはならなかったんでしょうね。
季節のものですから毎年降るものは降る、と。降りすぎも困るけど、降らなくても困ると。ある意味生活の一部であると。「来ましたねー」の一言から雪国にとっての雪というものを勝手に位置づけながら職場に向かいました。

【続きを読む】

投稿者:阪本篤志 | 投稿時間:17:00 | カテゴリ:阪本篤志 | 固定リンク

ページの一番上へ▲