2017年5月25日

ゆる~り信州「防災の話」

2014年11月22日。
長野県北部で震度6弱を観測した地震がありました。
白馬村や小谷村などで住宅253棟が全半壊しました。
白馬村神城の堀之内地区には、当時、80世帯220人が暮らしていました。
この地区の被害は甚大で、白馬村役場によりますと、全壊が33棟、半壊が15棟、
一部損壊が32棟。6世帯の11人が倒壊した住宅の下敷きになりました。
下敷きになった人たちは、消防や警察の到着前に、住民たちの手によって救出されました。重傷者、軽傷者は出ましたが、死者は出ませんでした。
これだけの大地震にも関わらず犠牲者が出なかったことから、
防災関係者の間で、「白馬の奇跡」と呼ばれることもあります。

【続きを読む】

投稿者:関根太朗 | 投稿時間:12:00 | カテゴリ:ゆる~り日記 | 固定リンク

ページの一番上へ▲