着物リメイク

使わなくなった古い着物を洋服に仕立て直す。着物リメイクの職人をご紹介します。

職人のご紹介

洋裁士 小池克子さん(長野市)
着物リメイクを始めて30年。
今は、古いものは捨てられてしまうものが多いと思います。だけど、100年たってもまた生まれ変わってよみがえって、また着れるという良さがとても いいな、と思っています。タンスの中に眠ったままの着物をぜひ活用してほしいと思います。

小池さんのお店

今回は100年ほど前の訪問着をワンピースにリメイク

「色も優しい色ですし、柄も優しい柄なので、洋服にした場合は合いますね。」と小池さん


<着物をほぐしていく作業>

ていねいに糸をほどいていく

<洗濯>

生地を傷めないようやさしく洗う

<柄あわせ>

生地の柄を活かして洋服に仕上げるのがポイント

 

仕上がりをイメージしながら慎重に型紙をあてていく

 

型紙に合わせて生地を切る


<縫製>

40年間愛用している足踏み式ミシン

スピードの調整が自由自在


<完成>

100年前に作られた着物が・・・

ワンピースとしてよみがえった

「胸の辺に柄を持ってくると、お顔がとても映えるのでいいかなと思いながらデザインしました。」

【連絡先】
〒380-0928
長野県長野市若里1-6-22
アトリエKoike
電話番号:026-226-6381

放送一覧