信州竹細工

信州竹細工は、長野市戸隠、山ノ内町、伊那市で作られていて、県の伝統工芸品に指定されています。
今回はその中から、戸隠の竹細工をご紹介します。

竹細工職人 井上 栄一さん

竹細工職人
井上 栄一さん
長野市戸隠


長野市戸隠

工房


<竹を割る>


戸隠の竹細工はしなやかで丈夫な『根曲がり竹』を使う。

<竹の収穫>
竹は秋から雪が降る前までに刈り取る。

○この時期に竹を採る理由
この時期は竹が水を吸わなくなるので身が締まる。


<ざるを編む>


戸隠の竹細工は、中心の部分を網代(あじろ)といい、この部分を3本づつ取ってより強くしているのが特徴。


<さらに編む>

<完成>
1日に作れる“そばざる”は2枚前後。
「長く使ってほしい。」と井上さん

根曲がり竹は、春に生える「たけのこ」が食用になりますが、戸隠の保護区域では根曲がり竹を保護するため、「たけのこ」を採ることや無許可での伐採は禁止されているということです。

【問い合わせ先】
 井上竹細工店 長野市戸隠3416 TEL:026-254-2181

放送一覧