ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK長野放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK長野放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です

極め人

極め人タイトル

紹介文


●宮入小左衛門行平(みやいり・こざえもんゆきひら)さん(坂城町)●

今回の極め人は私のふるさとでもある、坂城町出身の刀を作る刀匠、
宮入小左衛門行平(みやいり・こざえもんゆきひら)さんです。

宮入家が坂城町で刀づくりを始めたのは、
江戸時代、曾祖父の宮入小左衛門刀匠の時代までさかのぼります。

また、父である3代目宮入行平刀匠は、50歳の若さで人間国宝になるなど、
まさに一家相伝で日本の伝統文化、刀づくりを連綿と守り続けてきました。

そんな2人の偉大な先代の名前を刀匠名に受け継いだ4代目小左衛門行平さん。
現在は、全日本刀匠会の会長を務めるなど
日本の刀匠のリーダーとして幅広く活躍されています。

なぜこの時代に日本刀を作り続けるのか、その思いをうかがいました。





●藤森慎吾(ふじもり・しんご)さん(諏訪市)●

今回の極め人はお笑いコンビ オリエンタルラジオの藤森慎吾さんです。
諏訪市出身の藤森さん。もちろんお笑いタレントとしてのイメージが強いですが、
ダンスやラップなどでほかのグループとコラボしたり、
RADIO FISHのボーカルとして、
紅白歌合戦にも出場して大きな話題になりました。
さらに最近は俳優としても活動の幅を広げています。

来年3月に放送予定で、藤森さんのふるさと諏訪を舞台にした 長野放送局制作の信州発地域ドラマ「ピンぼけの家族」でも 主人公の幼なじみの役として出演しています。

リズムネタ「武勇伝」で鮮烈デビューしてから、 様々な形で荒波の芸能界を生き抜いてきた藤森さんに、 その極意などを聞きました。





●二山治雄(にやま・はるお)さん(松本市)●

今回の極め人は、松本市出身のバレエダンサー
二山治雄(にやま・はるお)さんです。

23歳と、これまでの極め人のゲストの中で最年少です。

二山さんの名前が、一躍世界にとどろいたのが、高校生だった5年前、
世界の若手バレエダンサーの登竜門とされる、
スイスのローザンヌ国際バレエコンクールでの1位受賞でした。
日本人で1位になったのは、
男性では、あの熊川哲也さん以来2人目の快挙でした。

現在は、世界トップレベルの舞台、パリ・オペラ座に所属しています。

オペラ座は毎年夏に公演のオーデション
を行うそうで、二山さんは
今年そこでも1位になりました。
誰もがその実力を認める二山さん。世界で活躍する今でも、
夏のオーデション後には、一時帰国して、
出身のバレエ教室の後輩たちの指導も行っています。

世界で踊り続ける上で大切なことや、ある意外な特技などについても伺いました。演技の映像も合わせてご覧ください。




ブログも書いてます!ぜひご覧ください!>>
●美川憲一(みかわ・けんいち)さん(諏訪市)●

美川さんは諏訪市で生まれ2歳まで過ごしました。
東京に転居してからも、親せきのいる信州には お盆やお正月など毎年のように来られていたそうです。
今でも大切なふるさとだとおっしゃっていました。

そんな美川さんはことし歌手生活55周年です。
浮き沈みの激しい芸能界を半世紀以上にわたって生き抜くのは 並大抵の努力ではないと思います。

順風満帆ではなかったとご自身で話すように、苦しい時こそ、
どういう心持ちで乗り越えてきたのか。
そのあたりも聞いています。ぜひご覧ください。




ブログも書いてます!ぜひご覧ください!>>
●鎌田實(かまた・みのる)さん(茅野市)●

今回の極め人は医師で作家の鎌田實さんです。

テレビなどでもおなじみの鎌田さん。
もともと東京の出身ですが、25歳の時、
自らの意思で茅野市の諏訪中央病院に赴任します。

そして、39歳で院長になり、現在は名誉院長を務めています。
これまで40年以上にわたって、
諏訪中央病院で地域医療に向き合い続けています。
さらに、イラクでの子どもの支援や健康づくり活動なども
今なお精力的に行っています。
鎌田さんをそこまで突き動かしているものは何か、
そもそもなぜ医師の道を選んだのか、
そのあたりも聞いています。ぜひご覧ください。




ブログも書いてます!ぜひご覧ください!>>
●荻原博子(おぎわら・ひろこ)さん(小諸市)●

今回の極め人は経済ジャーナリストの荻原博子さんです。

荻原さんは実は小諸市の出身です。

私にとっては高校の大先輩でもあります。

荻原さんというと、テレビや著書などで、経済についていつも
わかりやすく解説しているイメージですが、
今回は、そもそもなぜ経済ジャーナリストという道に進んだのかなど
ふだん聞けないお話も伺っています。
精力的に仕事をする原動力なども語ってくれました!




ブログも書いてます!ぜひご覧ください!>>
●矢澤秀成(やざわ・ひでなる)さん(軽井沢町)●

極め人、今年度2人目のゲストは
軽井沢町在住で園芸研究家の矢澤秀成(やざわ・ひでなる)さんです。

矢澤さんは今年、信州で初開催の、全国都市緑化フェア、
その名も「信州花フェスタ2019」で
草花を植えるアドバイザーも務めています。

花フェスタのサブ会場になっている安曇野市の国営アルプスあづみの公園の
雄大な山並みをバックに、
信州の花の魅力や、次世代を担う子どもたちへのメッセージなどについて伺いました。




ブログも書いてます!ぜひご覧ください!>>
●タイラー・リンチさん(千曲市)●

インタビュー極め人。新年度最初のゲストは、
アメリカ・シアトル出身のタイラー・リンチさんです。
13年前から、妻の磨利さんの実家である千曲市の戸倉上山田温泉の旅館で主人を務めています。
長野県内の旅館で主人を務めている外国人はタイラーさんただ一人です。
来年の東京オリンピックを控え、今後さらに増える見込みの信州の外国人観光客をどうおもてなせばいいのか。
そのヒントなどをタイラーさんに伺いました。




ブログも書いてます!ぜひご覧ください!>>
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
↑ ページの先頭へ
>>>>