ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK長野放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK長野放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です
<<<アッパーズページTOPへ戻る

信州アッパーズとは

信州で地域の課題に直面する人々を強力にバックアップし、地域の魅力をアップさせることを目指す番組です。
番組ではその道のスペシャリスト(=アッパーズ)のアドバイスのもと、地元の人々が課題解決に挑戦する姿をご紹介します。

アッパーズに相談したい地域課題がある方はページ下部の「アッパーズ相談フォーム」からご相談下さい。

2021年7月2日の放送

大桑村 過疎地域の交流スペース編

依頼者

大桑村 地域おこし協力隊員
奥野 宏さん

岐阜県出身。
縄文土器が数多く出土する大桑村の土に魅せられ、2020年に大桑村の地域おこし協力隊員に。

アッパーズ

コミュニティデザイナー
studio-L 太田未来さん
      洪 華奈さん

空き店舗を改装し、地元野菜の直売会やフリーマーケットを開き多くの住民が集う施設を作るなど、全国各地で交流の仕組み作りをサポートしてきた地域づくりのスペシャリスト。

大桑村の現状

周囲を山々に囲まれた大桑村。かつては林業と養蚕で栄え、約8000人が暮らしていたが、現在は3500人にまで減少。その4割が65歳以上と高齢化も進み、独り暮らしのお年寄りも増加。地域社会との接点を失い、孤立してしまうケースも少なくないと言います。

 奥野さんの計画 

こうした村の状況から、奥野さんは「世代を超えた交流の場ができないか」と考えました。
空き家になっていた古民家を自費で購入し、村の土で作った焼き物を展示するギャラリーや、村の人たちが集まるコミュニティスペースにしたいと考えています。

しかし場所は確保したものの、具体的に「どのような催しを開けばよいか」など、地域の人に立ち寄って利用してもらうにはどうすればよいか、というのが奥野さんのお悩みでした。

アッパーズ 太田さん/洪さんのアドバイス

今回のアッパーズ、太田さん/洪さんからのアドバイスは、まず地域住民の方々がコミュニティスペースにどんな役割を期待しているのか、“本音を聞き出す”ことだと言います。

そのため「本音を聞き出す極意」を伝授してもらいました。

極意① 知人から紹介してもらえ

初対面の方にいきなり話を聞きに行っても、警戒されてしまうかもしれません。そのため、知り合いから聞き取りの対象者を紹介してもらうと良いそうです。 知人から紹介されたことが安心材料になり、リラックスして本音を聞けると言います。

極意② 地域の歴史や思い出話を聞け

その地域で“これまでやってきた行事”や、逆に“やれなくなってしまったこと”を聞いてみると、コミュニティスペース作りの参考になるそうです。

極意③ 普段の生活からヒントを探れ

地域の方が普段生活している場所、例えばご自宅などに赴くことで、 置いてあるものや使っている道具、食事などからヒントを得ることがあると言います

 その他のアドバイス 

●一緒にプロジェクトを実行してくれるコアメンバーを募り、全て一人でやろうとしない
●話を聞く時は、基本1対1で
●プロジェクトの構想を、1枚の紙にまとめ、地域の人に説明しながらヒアリングをする
 →話が脱線したり、散漫になったりしないように
●コミュニティスペース作りの過程自体も、地域の方に伝え、発信していく
 (上の世代の方々に伝える手段としては、回覧板も良い)

奥野さん、アドバイスを参考にヒアリングをしてみると・・・

1
古瀬さん宅

ご近所の知り合いから紹介してもらったのは、大桑村で生まれ育った古瀬さん。思い出話を聞いてみると、この地域にあった飲食店について話してくれました。

古瀬さんの母親が営んでいたこの店には、世代を問わず多くの人が集まり、話に花を咲かせていたといいます。しかし母親が高齢となったため、おととし閉店してしまいました。

古瀬さんは「気軽に集まって一杯飲んだり、お茶を飲んだりできるスペースがあるといいかなと思います。」とアイデアをくれました。

2髙田さん宅

古民家の近所に住む髙田さん。

そこで振る舞ってくれたのが、郷土料理の「朴葉(ほおば)巻き」。
昔はこうした手料理をおすそ分けし合ったり、自宅に呼んで振る舞ったりして、交流が生まれていたといいます。

奥野さんは、手料理を持ち寄ってもらうイベントを開けば、子供からお年寄りまで多くの世代が集まるようになるのではないかと考えました。

奥野さんの活動の今後

奥野さんは今後もヒアリングを続け、地域の方と協力しながらコミュニティスペースを作っていくつもりです。

奥野 宏さん
「地元の人に興味を持ってもらい、楽しんでふらっと遊びに来ていただけるような、そんな場所にできたらなと思います。」

課題解決・実行編

To be continued…

奥野さんの挑戦を、番組では引き続き取材していく予定です。
次回放送をお待ちください!

<<<アッパーズページTOPへ戻る
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
▲ ページの先頭へ