ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK長野放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK長野放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です

放送日:2022年5月27日

小古間かずささん

【富士見町】
小古間かずささんによるジモしん

紹介者 小古間かずささん

2015年に富士見町に移住。
ハチミツやヒマワリ油など、富士見町で作られた原材料を使ったせっけんづくりの活動をされています。

■地元と新しい風を結び合わせる場「森のオフィス」

富士見町の移住者たちの活動拠点にもなっているコワーキングスペース「森のオフィス」。もともと大学の寮だった建物をリノベーションし、宿泊も可能!

森のオフィス①
森のオフィス②

リモートワークが進む企業やフリーランスで活躍する人がコワーキングスペースを使っています。
また、働く場としてだけではなく、ランチタイムには地元の人も訪れて移住者との交流の場にもなっています。

森のオフィス③
森のオフィス④

森のオフィスを利用している人たちにとって、活気にあふれ、生活や仕事のパワーをもらえる場所になっているそうです。

■ほっと一息。見える景色「井戸尻考古館」

縄文文化を伝える井戸尻考古館。

井戸尻考古館①
井戸尻考古館②

ここには縄文遺跡のほか、ハス畑があります。小古間さんもハスの花が咲く7月頃に、よく訪れるのだそう。

ハスの花①
ハスの花②

花が咲く時期は、小古間さんのせっけんづくりが忙しくなる頃。そんな中でも、ちょっと心を落ち着けたり一息ついたりするときに立寄って景色を眺めると、癒される場所なのだそうです。

■ミツバチの視点を伝える高校生「富士見高校養蜂部」

富士見高校養蜂部では、蜂を育てながら、地域のイベントや演劇を通してミツバチの魅力を伝えています。

養蜂部①
養蜂部②

地域とのつながりの中で、養蜂部でとれたハチミツを使ったせっけんを小古間さんと作ったこともあるそうです!

養蜂部③

最近では図書館で展示を行ったり、SNSでミツバチや日々の活動に関する情報を発信したりするなど、新しい取り組みにも挑戦しています。

養蜂部④
養蜂部⑤



(情報は取材当時のものです)





読み上げブラウザ用メニューに戻ります
▲ ページの先頭へ