番組情報

5月6日(金) 総合TVで放送!「This is JO1 ~Go to the Dream~」

画像

3月30日8Kで放送した「This is JO1 ~Go to the Dream~」
大反響を受け総合テレビで放送決定!
NHK+で配信も!7日間何回でも楽しめます。


「This is JO1 ~Go to the Dream~」
総合 2022年5月6日(金)
午前2:06 ~ ※木曜深夜

NHKワールドプレミアムでも放送決定!
2022年5月15日(日)
午前0:30 ~(日本時間)※土曜深夜

※北米地域は5月21日(土)
午前1:00 ~ <東部時間>※金曜深夜


◆番組の見どころ・紹介される楽曲はこちら

東京湾のど真ん中!海に囲まれた"風の塔"でデビュー曲「無限大」
東京湾を貫くトンネル、アクアライン。この道の先、海の上にぽっかり浮かぶ人口島「風の塔」で披露したのはJO1のデビュー曲「無限大」。東京湾のど真ん中でのパフォーマンスに、メンバーたちもテンションMAX! モノクロで統一された衣装に身を包み真骨頂のシンクロダンスを披露!

最先端のライブ演出!AR技術を駆使した「Shine A Light」
光を照らすというタイトルの「Shine A Light」。今回この曲で、最新の技術を駆使したライブ演出とコラボ。協力したのはCOSMIC LAB(コズミックラブ)。映像・照明・ARなど、さまざまな技術を駆使して、アート空間を生み出してきたクリエイター集団とのコラボレーションだ。メンバーの手に装着したセンサーがダンスに合わせて反応し、映像上で光を放つ仕組みで、JO1のひとりひとりが光を集め世界を照らすという物語を表現する。

「飛べるから」のTV初披露
今年3月に発表された楽曲、「飛べるから」を初披露。この曲にはJO1メンバーの、デビューから2年間の思いが込められている。デビューと時を同じくして新型コロナウイルスが流行。JO1は予定されていたライブや思い描いていた活動ができない日々が続いた。だが、昨年11月、ついに開催がかなった初の有観客ライブでJAM(JO1のファンネーム)と逢うことができた。「飛べるから」は2年が経ってやっと会えたJAMへの感謝の気持ちを込めたパフォーマンスとなった。

世界的アーティスト「Stray Kids」がメロディーを提供!JO1のアンセムを自分たちでプロデュース!
番組ではJO1が挑んだ新たなプロジェクト"アンセム"を自分たちの手でプロデュース"の全貌に密着! 11人それぞれが夢を追いオーディションを勝ち抜き今があるという経験から、「夢を追い求める人」の後押しをしたいという思いを込めて楽曲作りのプロジェクトがスタート。このJO1の思いに、世界で活躍するアーティスト「Stray Kids」が応え、メロディーを提供してくれることに。メロディーをもとに、作詞、振付、メイク、衣装の方向性を話し合った。作詞は全員で担当し、振り付けはダンスリーダーの川尻蓮、メイクの演出は大平祥生、衣装は佐藤景瑚がそれぞれメインで担当。曲のタイトルは「YOLO-konde」(ヨロコンデ)。「You Only Live Once」=人生一度きりという意味の「YOLO」が入り、JO1全員の思いがこもった楽曲となった。

夢を追い求めるすべての人へ「Dreamer」
JO1は"Go to the TOP"と、世界で活躍するアーティストになるために全員が同じ夢を掲げている。デビューから2年間、ファンとの絆を大切にしながら、ひたむきに、前を向いて進んでいく彼ら。未来に希望を持ち、夢を掴みとって見せる、一歩ずつ僕らの足で歩いていこうとするすべての人への思いが込められた応援ソングだ。

番組HPはこちら

番組情報おすすめ記事

番組情報
2022.09.09