18祭

NHKが全国の18歳に届ける1回限りの奇跡のステージ! 『あいみょん18祭(フェス)』開催決定!!!

画像

アーティストが18歳のさまざまな想いを聞いて新曲を制作し、その曲を1,000人の18歳世代と一緒に、1回限りのパフォーマンスで共演する「18祭(フェス)」。
開催5回目となる今回は、人気シンガーソングライター・あいみょんが、18歳世代のみなさんと一緒にステージを作り上げます。
未成年だけれど選挙権を与えられ、時には子どもとして扱われ、時には大人として扱われる、人生において特別な年齢の18歳。
また新型コロナウイルスの影響でさまざまな学校行事・イベントが中止に。身近な人にも今までのようになかなか接しづらい日々の中、勉強や仕事、恋愛や将来の目標など、それぞれがこれまで以上に抱える悩みを超えて、ひとつのパフォーマンスで感動的につながります。

『あいみょん18祭(フェス)』のテーマは『喜怒哀楽』。
日本全国の18歳世代からさまざまな「喜怒哀楽」の熱い想いがこめられた動画を募集し、あいみょんがその想いを受けて楽曲を制作します。選考を通過した1,000人の18歳世代とあいみょんによる、1回限りの奇跡のステージを目指します。
なお、この様子は後日、NHK総合テレビで放送予定です(日時未定)。

過去のアーカイブスはこちらから »

<『あいみょん18祭(フェス)』実施概要>
▼ 開催日:2022年3月予定
▼ 開催地:都内某所予定
▼ 対象:18歳世代(17~20歳)※昨年「18祭」を実施できなかったため、対象年齢を1歳広げました※
▼ 出演者:あいみょん・「(事前選考を通過した)1,000人の18歳世代」
▼ 募集人数:1,000名(募集方法などの詳細は、後日改めてお知らせいたします)
▼ 募集開始:8月を予定 ※新型コロナウイルスの感染状況を鑑みながら、フィジカル・リモートなど 安全に実行できる方法を探ります
▼ 放送予定:未定

画像

あいみょん コメント

18祭をやりませんかと声をかけてもらった日から、私で大丈夫なのか心配で仕方がなかったけど、それでもやっぱり1000人の18世代のみんなと歌ってみたい気持ちは高まるばかりでした。
去年開催出来なかった祭、だから今回は1000人の17.18.19.20歳の皆と一緒に。
忘れられない日を創りたいです。

プロフィール

兵庫県西宮市出身シンガーソングライター。16年11月にシングル「生きていたんだよな」でメジャーデビュー。17年5月に2ndシングル「愛を伝えたいだとか」、8月に3rdシングル「君はロックを聴かない」を発表し、9月には1stフルアルバム「青春のエキサイトメント」をリリース。6月には初の海外公演を台北Legacyにて行った。11月からは札幌を皮切りに全国ツアー「AIMYON TOUR 2018 -HONEY LADY BABY-」を開催。2018年紅白歌合戦への出演も果たした。2019年2月には2ndアルバム「瞬間的シックスセンス」をリリース。同月には初となる武道館公演を開催。5月からは対バンツアー「AIMYON vs TOUR 2019 “ラブ・コール”」、10月からは自身最大規模のワンマンツアー「AIMYON TOUR 2019 -SIXTH SENSE STORY-」を開催。2019年は「Billboard 2019年年間TOP ARTISTS」を獲得し「オリコン年間ストリーミングランキング 2019」でも1位を記録し”2019年 1番聴かれたアーティスト”となった。2020年、「さよならの今日に」を2月14日に配信限定でリリース、そして6月17日にはドラマ主題歌「私の家政夫ナギサさん」、10thシングル「裸の心」、9月9日には3rdアルバム「おいしいパスタがあると聞いて」をリリース。11月30日からは全国ツアー「AIMYON TOUR 2020“ミート・ミート”」を全国5都市で開催した。2021年5月26日にはドラマ主題歌「愛を知るまでは」と、「桜が降る夜は」の2曲が収録された両A面シングルをリリースした。