[ ここから本文です ]

企画展示情報

2022年

トリローワールドへようこそ〜奇才が伝えた戦後のラジオ〜

会期
2022年7月16日(土)〜2022年10月16日(日) 
※休館日は除く
会場
3階企画展示室
内容
三木鶏郎は、戦後の放送界に「音楽バラエティ」を築いた放送人です。今回の企画展では三木鶏郎企画研究所から当館に4月に寄贈されたNHKの放送台本や楽譜などの資料を中心に展示します。NHKを始め放送界に独自の分野を確立した生涯にスポットをあてます。

第1章 三木鶏郎が誕生するまで 仲間3人と結成したグループ“コメディアンハーモニスト”はやがて鶏郎の好きなミッキーマウスのミッキーと3人組のトリオをつなげてミッキートリオになります。漢字を当てはめて三木鶏郎というペンネームが誕生しました。

第2章 「日曜娯楽版」と仲間たち 戦後まもない1946年に作詞作曲した歌をNHKに持ち込んだところ、ラジオ番組『歌の新聞』に出演が決定。以降も『日曜娯楽版』、『ユーモア劇場』で、歌とコントのバラエティコーナー「冗談音楽」などを担当。音楽のほか、脚本、構成、演出を手がけ絶大な人気を集めました。

第3章 舞台・映画・民放・CM 三木鶏郎は1951年の民放開局とともにNHK以外でも活躍の場を広げ、民放のCMソングの作詞・作曲も手がけるようになりました。

9月24日(土) コラムニスト・泉 麻人さんのトークショーを開催します。
※詳しいことが決まりましたら、このHPで紹介します。

三木鶏郎
「日曜娯楽版」の出演者と(1949年) 「日曜娯楽版」など台本の数々を展示

このページのトップへ