[ ここから本文です ]

過去の企画展示情報

会期
2014年11月26日(水)〜2015年2月15日(日)
会場
企画展示室A
内容

『ひょっこりひょうたん島』は今年、放送開始50年の節目の年を迎えました。いまもなお多くの人たちの記憶に残る番組が、どのように誕生し制作されていたのか、あらためてその魅力をふり返ります。

会期
2014年10月21日(火)〜2015年2月15日(日)
会場
企画展示室B
内容

この企画展では、皆さまからここ数年の間に寄贈して頂いた資料の一部を展示しました。

展示品のなかには、1928(昭和3)年にスタートしたNHKの長寿番組「ラジオ体操」の放送開始ポスターなど、放送博物館が初めて収蔵した資料もあります。どうぞご覧ください。

会期
2014年9月9日(火)〜2014年12月21日(日)
会場
多目的スペース
内容

五輪は放送、とりわけ放送技術の進化に深く関わってきました。テレビ研究やカラー放送、衛星中継など五輪がきっかけとなった放送の歴史をあらためて見つめます。

会期
2014年7月8日(火)〜2014年10月13日(月)
会場
企画展示室A
内容
今回の企画展では、昭和のラジオやテレビ番組を舞台に、現代にも受け継がれる実況スタイルや数々の名文句を残した伝説のアナウンサーたちを、当時の録音や資料からふり返ります。
会期
2014年8月1日(金)〜2014年9月28日(日)
会場
企画展示室B
内容

今回の企画展では、『花子とアン』のモデルが実際に担当した『コドモの新聞』とともに、当時の資料から村岡が文章や放送を通して子どもたちに伝えた思いをたどります。

当時の愛宕山の講演用のスタジオを再現してみました。
あなたも『花子』の世界を体験してみてください。

会期
2014年4月8日(火)〜2014年8月3日(日)
会場
多目的スペース
内容
今回の展示では、「どーもくん」や「ななみちゃん」の放送局ご当地バージョン、それにラジオのキャラクター「らじる」も加えて、NHKのマスコットキャラクターを愛宕山に集めてみました。 この展示を機会に、NHKの広報の顔たちを知っていただき、いっそう親しんでいただけたらと存じます。
会期
2014年5月20日(火)〜2014年7月21日(月)
会場
企画展示室B
内容
今回は、日本代表が初出場したフランス以降の大会を写真や資料で振り返りながら、ブラジルでの日本代表の活躍を応援していきます。
会期
2014年3月18日(火)〜2014年6月29日(日)
会場
企画展示室A
内容
テレビは放送を開始してから10年余りが経過し、報道、娯楽、ドラマなど、さまざまなジャンルで優れた番組が次々と送り出されていきました。その多くはいまの番組のルーツとなり、また当時から半世紀続いている長寿番組もあります。
今回の企画展では、日本がオリンピックと好景気に沸いていた時代、半世紀前の珠玉の名番組をたどります。
会期
2014年3月25日(火)〜2014年5月6日(火)
会場
企画展示室B
内容
愛宕山は江戸随一の眺望の名所として、安藤広重ら浮世絵師の作品の舞台となってきました。春の訪れ、桜の開花に合わせて、色鮮やかな浮世絵から愛宕山の春を堪能してください。
東京名所 愛宕山公園見晴(1898年)

このページのトップへ