震災関連
2021/09/10

震災10年半
自治体職員の退避ルールに課題

東日本大震災では、大槌町や陸前高田市など10の自治体の庁舎が津波に襲われ、200人を超える職員が犠牲になりました。
災害時に職務にあたる公務員の命をどう守るのか。
取材を重ねると、10年半経った今も多くの自治体が課題を抱えていることがわかってきました。