震災関連
2021/09/09

震災10年半
「被災跡地活用の最前線 山田町」

東日本大震災から10年半となりました。
沿岸の被災地では、津波で浸水し、その後、巨額の費用が投じられて整備された土地の多くが今も空き地のままとなっていて、どのように利活用していくかが課題となっています。
こうした中、山田町では、従来の企業誘致などに頼らない新たな取り組みを進めています。
これまでの発想を転換して、地域ににぎわいを取り戻し、復興を目指す現場を取材しました。