インタビュー
2021/11/26

瀬戸内寂聴さん
天台寺での出会いの日々

11月9日に亡くなった瀬戸内寂聴さん。
18年にわたり天台寺の住職を務め、その後も名物となった青空法話を続けるなど、地域とのつながりを大切にしてきました。
天台寺での出会いを通して、寂聴さんが地元の人たちに残したものとは何だったのか。
生前ゆかりのあった人たちに、話を聞きました。

※補足

天台寺では11/13〜11/30まで記帳所が設けられていましたが、現在は設けられていません。
お供物や香典もご遠慮ください。

野村ディレクター

盛岡放送局 ディレクター

野村 苑香

2019年入局 盛岡局が初任地。初めての取材は、その年に陸前高田にオープンした「東日本大震災津波伝承館」。岩手のひとたちに向き合いながら、一人一人の言葉に耳を傾けたいと取材を続けています。

関連動画