大隅キャスターのブログ
2022/06/28

あすは沿岸中心に厳しい暑さ

きょう(28日)の県内は、前線の影響で昼頃にかけて広い範囲で雨が降りました。
日本海にのびた温暖前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態も不安定になりました。
午後にはまとまった雨雲は抜けましたが、今夜のはじめごろまでは局地的な雷雨にご注意下さい。

あす(29日)は、前線は北海道付近に停滞するでしょう。
県内は前線の南側になり、暖かく湿った空気が流れ込むため、内陸を中心に雲が多く、
雨が降る所もありますが、沿岸などでは晴れ間が出てくる見込みです。

あすも上空1500m付近には、18度以上の真夏並みの暑い空気が流れ込むでしょう。
晴れる沿岸では、30度以上の真夏日が多くなり、中には、35度近くまで上がる所もある見込みです。

暖かく湿った空気が流れ込むため、昼過ぎにかけて広く雨が降る見通しです。

湿度も高く、かなり蒸し暑くなりそうです。
あすの予想最高気温です。
盛岡は28度、宮古と大船渡、一関は33度の予想です。

梅雨の晴れ間というのは、熱中症のリスクが高まります。
熱中症になった人の多くは、屋内にいたケースです。
エアコンも適切に使いましょう。
特に高齢者の方には、遠方からでもいいので、声掛けをして熱中症対策を呼びかけてあげて下さい。
水分補給や休憩をこまめにとって、体調管理には十分ご注意下さい。