大隅キャスターのブログ
2022/01/13

あすまで冬型つづく

気象キャスターの大隅智子です。
きょう(13日)は、西和賀町沢内に取材に行ってきました。
寒の時期に行われる、西和賀町の冬の風物詩「しみ大根」の寒干し作業を見てきました。
今年は1月4日から作業を始めたそうです。
約1か月間、大根を寒風にさらすことで、大根の甘さが凝縮されるそうです。

きょう(13日)も西和賀町では、雪が降り、ふぶいていました。
「しみ大根」の話題は、あす(14日)の「よるてん」でお伝えする予定です。

あす(14日)までは、強い冬型の気圧配置が続き、強い寒気も流れ込むでしょう。
沿岸は晴れますが、内陸では山沿いを中心に雪が続く見込みです。

13日(木)の午後2時の積雪は、西和賀町湯田で158㎝、一関市祭畤で110㎝、北上で48㎝などとなっていて、北上では、平年のおよそ3.7倍の多さになっています。
あす(14日)にかけても、屋根からの落雪、なだれ、路面の凍結などに注意して下さい。
除雪機を使う際は、周りに人がいないか確認するなど、事故には注意して下さい。