大隅キャスターのブログ
2023/01/11

あすは春の暖かさに

きょう(水)の県内は、各地で晴れ間が広がり、盛岡では6.3℃まで上がり、寒さが和らぎました。
あす(木)から14日(土)にかけては、上空にかなり暖かい空気が入るため、気温が上がり、春のような暖かさが続きそうです。
暖かさのピークはあさって(金)で、盛岡は11℃、宮古は15℃まで上がり、4月上旬から中旬並みになる見込みです。
14日(土)は、低気圧の影響で広い範囲で雨も予想されています。

この暖かさと雨により雪どけが進みそうです。
積雪の多い山の斜面では、雪崩のおそれがあります。
雪崩には、「表層雪崩」と「全層雪崩」がありますが、今回は、「全層雪崩」のおそれがあります。

全層雪崩」は、気温が上がったり、雨が降ったりすることで、地表面に雪どけ水が流れ、滑りやすくなることで発生します。
これまでに積もった雪全体が崩れます。
斜面の土砂などを巻き込みながら崩れることも多く、巨大な木を押し倒すような大きな破壊力があります。
時速は、40キロから80キロくらいと言われ、春先の融雪期に多くなります。
そのため、危険な場所には近づかないようにして下さい。
スキー場では、コース以外は、絶対に滑らないようにして下さい。

また、融雪による洪水や道路の冠水のほか、地盤が緩むため、土砂災害などにもご注意下さい。