大隅キャスターのブログ
2022/12/02

雪道の歩き方の注意点

12月に入り、強い寒気が流れこみ、本格的な雪の季節を迎えました。
けさ(金)は、盛岡で今シーズン初めての1センチの積雪を観測しました。

今年、岩手で初めて冬を過ごす人もいると思うので、ご存知の方も多いと思いますが,
改めて雪道の歩き方のポイントをお伝えします。
花巻市消防本部のホームページからまとめました。
① まず小さな歩幅で歩くこと。
ペンギン歩きが基本です。
こうすれば、重心の移動が少なく、転倒の可能性が減ります。
② 靴の裏全体を地面につけて歩くこと。
かかとが滑ると転倒しやすいので、地面に垂直に足を下ろすイメージです。
③ 急がず、焦らず、ゆっくり歩くこと。
時間に余裕を持って行動しましょう。
④ ケガ防止のために帽子や手袋、リュックを使うこと。
帽子や手袋は、暖かくなるだけでなく、頭や手を守ってくれますし、リュックを背負っていれば、転倒しても両手があいているので、ケガをしにくくなります。

あす(土)の朝は、各地で冷え込みが強まり、路面が凍結する所が多くなりそうです。
足元や車の運転にご注意下さい。