朗誦伴奏 宮沢賢治の世界
岩手の地で多くの詩や童話を書いた宮沢賢治は、音楽に対しても強い関心を抱いていて、作品の朗読にあわせて音楽を演奏する「朗誦(ろうしょう)伴奏」を行っていたと言われています。賢治が思い描いていた「朗誦伴奏」とは、どのような世界だったのか。賢治と同じ花巻出身の佐藤龍文アナウンサーの“岩手弁朗読”と即興演奏で、その世界観を探ります。

『無声慟哭』

『鹿踊りのはじまり』

『雨ニモマケズ』