おばんですいわて

「おばんですいわて」のエンディングテーマ 「明日を」

2020年から「おばんですいわて」のエンディングテーマとして放送されている「明日(あした)を」。
曲を手がけてくれたのは二戸市出身のロックバンドSaToMansionのみなさんです。
東日本大震災から10年となる2021年に向けて、岩手のみなさんに元気を届けてもらえる応援歌を作ってもらいました。

作詞・作曲を担当された佐藤和夫さんからのメッセージです。

震災から9年たった今年、エンディングテーマ書き下ろしの話をいただき、東北出身でありながら震災にしっかり向き合った曲を書いたことがないということに気付きました。いまだに数多くの行方不明者や避難者がいる中、音楽がどれだけ力になれるのかという葛藤や自分の表現力の未熟さを理由に、震災をテーマにすることから逃げていたように思います。オファーをいただけたことで改めて震災について考え、伝えていく方法として今の自分の力を精いっぱい振り絞り、一つの楽曲として形にさせて頂きました。震災から9 年後の3 月11 日、被災地では各地で虹が姿を現したといいます。「明日を」という曲が、皆さんの毎日に少しでも彩りを与えられることを願っております。
SaToMansion Vo.Gt. 佐藤和夫

2020年4月

「明日を」合唱曲の編曲を終えて

『おばんですいわて』から流れてくる力強いメッセージが込められた「明日を」を聞いて励まされていらっしゃる方も多いことと思います。この度、原曲のイメージを尊重しつつ皆様が楽しめるよう「明日を」を合唱に編曲させていただきました。この曲が心を一つにして作り上げる合唱という形でも広まり、大勢の方のパワーになってくれることを願っております。今はみんなが集まり歌うことは厳しい時ですが、末長く愛唱していただけば幸いです。
作曲家 大熊崇子
「明日を」合唱バージョンの楽譜はダウンロード配信サイト「ぷりんと楽譜」と「@ELISE」で販売しています。
「明日を」合唱バージョン(混声四部)
編曲 大熊崇子
モデル演奏 不来方高校音楽部

「明日を」合唱バージョン

佐藤和夫さんのコメント

▲ ページの先頭へ