ラジオMAPへ
盛岡放送局トップへ

6月5日(金) まつ便り
「こぼれ話」

松田美和子
こぼれ話は、「こぼれた種」のお話です。
植物が大好きで、鉢植えが増え続けていますが、知らないうちに種がこぼれて春に花咲き、驚く事があります。
今年は、白い花が2種。
白いキンギョソウ
ローズマリーの鉢の片隅にそっと咲いています。
キンギョソウの鉢植えは購入した事がないので、なぜ?どこから?もしかしたら風に乗ってきたのでしょうか?
気持ち良さげです。
白いペチュニア
ペチュニアは毎年ピンク系の花苗をいくつか購入し、寄せ植えにしています。
ピンクペチュニアの種から白いペチュニアが咲く事もあるのでしょうか?
「シモバシラ」という植物の横で、華やかに咲いて、シモバシラより目立っています。
アジアンタム
アジアンタムは、1度枯れたと思った株から芽を出し、今は3鉢に自力で勢力を広げて、ジャングル化しています。
どうやって増え続けているのか不思議ですが、風に揺れる様に見惚れます。
いつも、植物たちの声が聞けたら良いのになぁと思います。
お家時間、植物たちのお世話係として、まめに働かされて?います。

まじぇ5時クイズ
まじぇ5時ク・イーズ、ラスト問題の答えは、☆「(1) タフを覗いている」☆でした。正解でしたか?
(ピューマ「ニーナ」の担当・山本さんは、「お嬢」と呼んでいて、可愛いくて仕方ないようです。「ニーナはタフを気に入っているみたいだから、一緒に展示する日が楽しみ!」とおっしゃっていました。6月から開園していますので、ニーナに会いに行ってみて下さいね。「動物公園とゆかいな仲間たち」は、7月1日の放送予定です。皆さんのお宅のペット紹介などもお待ちしています!)
*お便り、ありがとうございました。*
「RN るなとりなのばあばさん」へ
ラスト問題の答え、大正解です!
おめでとうございます!
ニーナの可愛い一面ですね。タフは幸せです。
ばあばさんの好物が「生ウニ」と伺い、草野さんの三陸自慢と重なりましたよ。(笑)
鮮度抜群の生ウニは、沿岸ならではですね。ご質問の私の好物は、美味しい物全部!です。(笑)
ニーナ・見返り美人図

*5月も「まつ便り」を読んで頂き、ありがとうございました。
来週からはスタジオからの放送になります。また、ラジオでお会いしましょう!*

6月4日(木) まつ便り
「思いやりマスク」

松田美和子
新型コロナが流行し始めて、スタジオでも早い段階からマスクを着用しての放送になりました。
本番中のみメガネを使用する私は、マスクでメガネが曇る事を初めて体験し対策を考えました。ひらめいたのが、こちら。
このアイデアは?
上半分をシールド状態にしてみました。
我ながら良いアイデアと自画自賛。
これでだいぶ曇らなくなって安心していたところ、スタッフから「声がこもった感じになるので外して下さ〜い。」の一言。
あっという間に、このアイデアは却下されました。(笑)
マスク不足が続き大変だった頃、友人が素敵な「手作りマスク」を送ってくれました。
友人の手作りマスク
とても有難いプレゼントでした。それからはこのマスクを洗って使わせてもらっています。
マスク不足で「手作りマスク」が登場しましたが、今は逆に、お洒落に感じます。マスクは実用を兼ねたファッションへと変わってきたようです。
そして、話題のマスクも届きました。
厚生労働省のマスク
皆さんのお宅にも届きましたか?
少し小さめでしたので、女性用として使う事にして、レースを付けてみました。
タクシーの運転手さんが、「少し前は、運転手がマスクしていると風邪をひいていると避けられたが、今は反対にマスクしてないと避けられるよ。」と話していました。
本当に、新型コロナウイルス発生前と「マスク」の価値観が変わりましたね。
受け身で考えると負担になる事も、自らそこに意味を見出し行動する事で、楽しみが生まれたりします。
自分や相手の健康を守る「思いやりマスク」、これからは、メガネやお洋服を選ぶように楽しんで購入したり、手作りしたりする時代になりそうですね。
私も夏用の素敵なマスクを探そうと思っています。
皆さんも自慢の手作りマスクの写真など、ぜひ送って下さいね。

まじぇ5時クイズ
さて、8問目の正解は、☆「(2) お静かに どうぞ〜」でした。☆
(山本さんの穏やかな声にぴったりの優しい言葉ですね。
ちなみに、(1)おおきに〜は、草野さん、(3)へばね〜は、久慈さんの、お別れの言葉でした。
山本さんの「いわて暮らし暦」は、来週11日の放送予定です。お楽しみに!」
*お便り、ありがとうございました。*
♪「RN 丸い輪さん」へ
  ヨモギ、新型コロナの魔除けになってくれると良いですね。クルミご飯は食べた事がありません。もち米をいれるのですか?
♪「るなとりなのばあばさん」へ
7問目の答え「待ち遠しい」正解です!
おめでとうございます。ばあばは、何が待ち遠しいですか?「町で食べようクーポン券」ゲット出来て良かったですね。ばあばの好物は?

さぁ、いよいよ5月のラストクイズです!
9問目は、動物公園の山本さんからの出題です
動物公園のピューマのニーナ
☆「山本さん担当のピューマのニーナ、とても、美人さんですが、こんな変な格好を、たびたびするそうです。さて、ニーナは何をしているのでしょうか」☆
  (1)タフを覗いている
  (2)一芸、「伏せ」の練習
  (3)山本さんを見て恥ずかしがっている

ヒント
*お年頃ですね。
*仲良くなれそう?
答えは明日♪

6月3日(水) まつ便り
「摘み草天ぷら」

松田美和子
長〜いお休みと、3密を避ける生活で、「1人野遊び」が多くなりました。皆さんはいかがですか?
5月19日に火曜日のパートナー村田さんが「食べられるよ。」と、おっしゃていた、カラスノエンドウを散歩コースに摘みに行きました。
カラスノエンドウ
今、カラスノエンドウは野原で伸び伸びと、たくましく成長しています。
サヤエンドウをミニチュアにしたようで可愛い野草です。その先の柔らかい部分を摘みました。
サヤの部分は固いので、豆だけを取り出します。
小さな、小さな豆
爪楊枝でそっと取り出しました。(笑)
自然と向き合う生活は手仕事がポイントですね。小さすぎて、見失った豆も。
野草は、やはり天ぷらが一番!
カラスノエンドウの天ぷら
味、気になりますよね?クセのない食べやすさと、ほんのり豆の味の天ぷらでした。
アクは、ほとんどありません。あの小さな小さな豆が風味になっているような気がします。似た野草に「スズメノエンドウ」もあるそうですよ。面白いですね。
たくましい野草からパワーをいただきました。「1人野遊び」は、3密対策の生活を豊かにしてくれています。

まじぇ5時クイズ
まじぇ5時ク・イーズ、7問目の答えは、☆「今 塩どっち?→いましおど(っ)ち→まちどおしい→待ち遠しい」でした。☆

♪「まじぇ5時川柳」6月のお題は「待ち遠しい」です。
貴方が待ち遠しく思っている事を「5・7・5」に込めて、1句詠んでみませんか?たくさんのご投句をお待ちしています!
放送は、来週6月10日(水曜日)です。お楽しみに!

8問目は、水曜パートナー山本さんの「いわて暮らし暦」からの問題です。
☆「山本さんの番組でのお別れの言葉はなんでしょうか?」☆
  (1) おおきに〜
  (2) お静かに、どうぞ〜
  (3) へばね〜

  ■ヒント
  * お母さまが使う盛岡弁
  * 相手の無事を願う言葉
答えは明日♪

6月2日(火) まつ便り
「紫の季節」

松田美和子
子供の頃、花好きな母に「母さんはこの都忘れのうす紫が好きでね〜」と、毎年花が咲くたびに「都忘れ」の名前の由来まで語って聞かされました。
今でも、この花をみると、「都落ちした貴い方がこの花に慰められている姿」が浮かびます。親の影響は大きいですね。この時期、紫色の花々が咲き、目を楽しませてくれています。
うす紫色*タイム
タイムは地を這うように広がるハーブで、一面うす紫の絨毯のようです。小さな可愛い花をつけています。
そして、友人からプレゼントされたこの花の紫色も見事!
濃い紫色*ストレプトカーパス
変わった名前の花ですが、濃い紫が美しく、1つの茎に2個の花が縦に並んで咲きます。まるで、仲良し親子のようですね。
そして、紫の代名詞のような「藤の花」。
紫の大御所*フジ
「藤棚」の下のベンチで、マスク姿のお婆ちゃまが2人、黙って並んで座っていました。別の時間が流れているようでした。
歳を重ねるたびに惹かれる色、5月は紫の花が溢れていました。

まじぇ5時クイズ
まじぇ5時ク・イ〜ズ、6問目の正解は、☆「高い椿→たか(い)つばき→かきつばた」でした。
(カキツバタも紫の花ですね。水辺に咲く花は川の街盛岡に良く似合います。昔、下の橋のカキツバタ郡の中で川魚の掴み取りも行われていました。風情がありましたよ。)
*お便りありがとうございました。*
♪「RN奥州のマリンさん」
4問目の答えイルカ、大正解です。実は私は小学一年生に降参しました。(笑)
♪「RNるなとりなのばあばさん」
6問目の答えカキツバタは大正解!文字並べ替えは、じいじがお得意なんですよね。お相撲期間限定のまつ便りも、新型コロナ対応です。(笑)気づいて頂いて嬉しいです。童謡を歌う会、美声を響かせてね!

7問目は、☆「今塩どっち?」☆
(「っ」と「?」は外してね。)
■ヒント
*首を長くして待っている
*岳郎師匠
*6月
答えは明日♪

6月1日(月) まつ便り
「くるま市のクルミ」その2

松田美和子
「お家時間」が長くなるなか、久慈市山根六郷のクルミを使って「クルミだれ」に初挑戦!
前回は、固いクルミを割りやすくするため、「空入り」をして、クルミに隙間をつくる方法を、まじぇ5時ファミリー「食の匠むつ子ばあば」に教えて頂きました。
クルミの隙間に平たい金属を差し込み、上から金槌か石で叩くと、
綺麗に割れたクルミ
びっくりする程、気持ち良くパカッと割れます。後は竹グシで実を取り出します。
実は、この作業が時間がかかり大変でした。一言でいえば「地道な作業」です。
手も石もクルミの油でシットリしてきます。取り出した実をコツコツと寄せていきますが、美味しそうなので、つい味見も。
なかなか増えません。(笑)
コツコツと
次は、いよいよ「クルミだれ」です。
むつ子ばあば曰く「なめらかなクルミだれを作るには、ひたすら擦ること!」だそうです。砂糖や水などを加えて調整します。

♪[山菜と和える場合]
茹でた山菜に、お醤油と砂糖で下味をつけておきます。この時に出た汁は、擦ったクルミをのばす時に使うと良いそうです。
♪[お雑煮の餅を入れる場合]
クルミだれは、お雑煮の汁でのばします。
113個のクルミで400g瓶8分目
ひたすら擦って、今回は、お砂糖とハチミツ、水を加え、ガラス瓶に詰めました。
初めてクルミだれを作ってみて、想像以上に手間をかけて作るものだと知りました。
家族への愛情がないと、挫折しそうです。
岩泉では、クルミが入っていなくても美味しいものを表すのに、「クルビ(クルミ)味がする」と言うそうです。
クルミの美味しさはもちろん、手間暇への感謝の言葉のような気がしました。
「食の知恵」をいろいろ教えて下さる「むつ子ばあば」こと、邊見むつ子さんは、7月9日のカフェにご出演予定です。
外出自粛や災害時も役立つ「保存食の知恵」などを教えて頂きます。お楽しみに!

まじぇ5時クイズ
「まじぇ5時クイズ」、5問目の答えは、 ☆「(3) カレイ」でした☆
(ナメタガレイは春夏も味が良いそうです。冬の味だとばかり思っていたので、意外でした。価格も手頃なこの時期、楽しめますね。)

☆次は*文字並べ替えクイズ*です
6問目☆「高い椿」(「い」は外す)☆
平仮名に直して並べ替えてみて下さいね。
■ヒント
(アヤメや、ショウブと間違えやすい花で、盛岡市の花になっていますよ。)
答えは明日♪

5月29日(金) まつ便り「くるま市のクルミ」その1

松田美和子
お家時間を「片付け」で過ごされている方も多いと思います。私もその1人です。
先日、一昨年に久慈市山根六郷の「くるま市」で購入した「クルミ」が出てきました。
すっかり忘れていました。(笑)
立派なクルミ
手作りの「くるみだれ」に挑戦しようと思い立ち、とりあえず、割ってみる事に。
原始的に石を探しに出かけて、見つけて来ました。

割れる事は割れましたが、グチャッと割れて、実を取り出すのが大変でした。

そこで、まじぇ5時ファミリーの、「岩泉の食の匠*むつこばあば」に「上手なクルミの割り方」を教えて頂きました。コツは、「空煎り」だそうです。フライパンに油をひかずに、クルミを入れて、カラカラと煎ります。 目安は、クルミの横に亀裂が入るまでです。(今回は空煎りの前に一晩水につけてみました。)
割れ目の入ったクルミ
しばらくすると、隙間が出来てきました。
思っていたより時間がかかりましたが、この変化が面白いですね。
いよいよ、割っていきますが、続きは来週!

まじぇ5時クイズ
「まじぇ5時クイズ」、4問目の答えです。小学1年生からの「なぞなぞ」は、いかがでしたか?
まずは、3問目の答えです。☆正解は、「イルカ」でした。☆
イルカを逆から読むと「カルイ(軽い)」になりますね。ダイエット成功です。私には、なかなか難問でしたよ。

♪5問目は、木曜パートナー草野さんの放送回から問題です。
☆「天才釣り師、草野さんが5月に30匹釣り上げた魚はなあに?」☆
(1)タイ
(2)ヒラメ
(3)カレイ

■ヒント
目の位置は右側ですよ。年末に価格が高騰します。
答えは明日♪

5月28日(木) まつ便り「薔薇に似て」

松田美和子
八重桜の並木も、花の終わりと共に静かになりました。外出自粛で花の盛りを見る事が出来ませんでしたが、今年もきっと美しかったのでしょう。
葉の勢いが増した緑の木々が並ぶなか、ハッとするほど華やかな1本が。

薔薇の花と見紛うほどの艶やかさです。
木の高さは八重桜と同じほど、数本の木が絡んだような幹です。
木の下に「ベニバナサンザシ」のプレートがあり、名前を知ることが出来ました。
漢字では「紅花山査子」と書くそうです。花を良く見たいと近づきました。


「ん?」
あまりに密集していて、アップにしても個々の花の形がハッキリ分かりません。
それほど花びらが重なっています。
ヨーロッパでは「メイフラワー」と呼ばれる5月を彩る代表的な花木で、神聖な木として大切にされているそうですよ。
帰宅後、薔薇に見えたベニバナサンザシが「バラ科」と知り納得でした。
毎年、目にしていても通り過ぎていた花が今年は眩しく見えます。

まじぇ5時クイズ
「まじぇ5時クイズ」、順調に正解なさっていますか?
まずは、3問目の答えです。☆正解「(3)ニーナ」
(ピューマの「タフ」のお嫁さんとして静岡県の動物園からやってきました。6月の開園からタフと交代で展示されるそうです。なかなかのお転婆だそうですよ。笑)

♪4問目は、久々の「なぞなぞ」です。
新型コロナで休校になったせいか、知り合いの小学一年生のお子さんから、突然「なぞなぞのお便り」が届きました。その中から。
☆「逆立ちすると、ダイエットしちゃう動物がいるよ。なんだろう?」☆
ノーヒントでお願いします。(笑)
答えは明日♪

5月27日(水) まつ便り「春は摘みどき」

松田美和子
ヨモギの新芽が元気に伸びています。
若緑色が摘みどきを教えてくれているよう。

ヨモギの若芽を手で、チョンチョンと摘むと、ヨモギの香りが周りに広がります。
今年もこの季節が来たんだなと、しみじみ。
摘んだ「春ヨモギ」は、ほとんどアクがないので、重曹は入れずに茹で、刻んで、オリーブオイル、牛乳、塩を入れてフードプロセッサーにかけます。
ペースト状になったら、フリーザーバックに小分けして冷凍庫へ。暮れのお餅に入れたり、ホットケーキに入れたり、パンに入れたりします。

和風と思いきや、チーズが合います。
そこに、昨夜の残り物のキンピラや、ポテトサラダを乗せたり、手作りジャ厶、ホイップクリームやあんこも相性バッチリ。
ヨモギの学名はギリシャ神話の「女神アルテミス」からきているそうです。ヨモギの生薬は婦人科薬として使用される事が多いそうですから、知らずに心惹かれるのかもしれません。
「白い大福」と「草大福」があると、迷わず草大福に手が伸びます。
皆さんは、どちらを選びますか?

まじぇ5時クイズ
「まじぇ5時クイズ」、2問目の答えです。☆正解は、「(2)イタドリ」でした。☆
(初めてイタドリの煮物を食べましたが、とても美味しかったです。イタドリの名の由来は傷薬として使われていた事から「痛み取り」が転じたとも言われているそうです。シュウ酸が含まれていますので春の味を楽しむ程度になさって下さいね。)

☆3問目です。
「水曜パートナー、動物公園のお2人が紹介して下さった新しい仲間のピューマの名前はなあに?」
(1)ミーナ
(2)イーナ
(3)ニーナ

■ヒント
スペイン語では「小さな女の子」という意味だそうです。漢字で「仁菜」と書いて同じ読みをするお子さんもいますよ。
答えは明日♪

5月26日(火) まつ便り「薫風の侯」

松田美和子
昨日は風が強かったものの、気持ちの良い青空が広がりましたね。
岩手山にも厳鷲山(がんじゅさん)の別名通り、鷲が羽を広げた雪形が浮かんでいました。

今年は気のせいか、見える期間が長いように感じます。日中の暑さも山からの爽やかな風で心地よく感じました。残雪のおかげでしょうか。
空を見上げると面白い飛行機雲が出来ていました。

まるでレースのようです。このレース雲が青い空を大きく縁どっていました。
5月の風の可愛いイタズラですね。
久しぶりに散歩の距離を延ばして太陽を浴びたら、帰宅後に疲れてウトウトしてしまいました。
外出自粛で体力が相当落ちた事を実感、体力回復のために頑張らなくては。皆さんも体力回復なさっていますか?

まじぇ5時クイズ
「まじぇ5時クイズ」、1問目の答えです。☆正解「B足踏み操作ができる」
(ハンズフリーで、エレベーターのパネルに触らずに乗れる工夫です。タイだけではなく、ドイツでは第2波に備えて、さらに対応ベッド数を増やしたりと、世界中で頑張っています。私達も知恵を出し合って乗り切りたいですね。)
2問目は、5月12日の野遊び教室のオープニングからです。
「以前村田さんに*食べられるよ*と教えて頂いた野草に今年初めて挑戦しました。その野草とは?」
(1)ギシギシ
(2)イタドリ
(3)スイバ

■ヒント
この野草の名の由来は、一説によると痛みに関係しているそうですよ。
答えは明日♪

5月25日(月) まつ便り「桜ほんのり」

松田美和子
友人宅の桜が5月4日に開花しました。
オオシマザクラのような白い花。
若木の頃に新芽に付いたアブラムシ取りを手伝ったので、思い入れのある桜です。

毎年、岩手公園で友人とお花見、花見酒を楽しむのですが、今年は近所の友人から花を数輪頂き、恒例の花見酒を自宅で。桜を濁り酒に浮かべました。

この一杯、甘くて美味しい花見酒でした。
私はほろ酔いまではいきませんでしたが、、、

その後、なんと白かった桜の花がピンクに色づいていてびっくり!桜がほろ酔いのようですね。(笑)
これは最初の写真から3日後の5月7日の写真です。よく見ると雄しべまでピンクに。桜はピンクから白になる事はあるようですが、反対もあるのですね。
新型コロナで外出自粛のなか、近所の友人宅の桜に癒されました。

まじぇ5時クイズ
春の「まじぇ5時クイズ」です。
よろしかったら、脳トレに挑戦してみて下さいね。

1問目は、新型コロナウイルス関連の問題です。
「世界的に新型コロナの第2波を防ごうと様々な対策がとられています。 NHK総合の『これでわかった!世界のいま』でタイの取り組みが紹介されていました。バンコクの、あるショッピングモールではエレベーターに感染予防の工夫がしてあります。それはなあに?」
(1)ロボットがすべて操作してくれる
(2)使い捨て手袋が備え付けてある
(3)足踏み操作ができる

■ヒント
昔、母が使っていた〇〇〇ミシン〇には漢字も入ります。
答えは明日♪

5月22日(金)
音楽三昧「友善&直子セレクション80年代音楽の巻♪」part2特集

【きょうかけた曲】
 1.荻野目洋子『ダンシングヒーロー』
 2.ブライアン・アダムス『ヘヴン』
 3.中森明菜『セカンド・ラブ』
 4.トーマス・ドルビー『彼女はサイエンス』
 5.中島みゆき『とろ』

スタッフ
次回の放送は6月8日(月)。
パーソナリティは田口友善さん。パートナーは、民謡歌手の北條真由美さんです。
「いわて民謡の旅」と題して、民謡の魅力をたっぷりお話しいただきます。

次回のお便りテーマは『わたしの時間の使い方』6月10日は“時の記念日”。
1週間のうち何曜日が好きですか?あるいは、ご自身の時間の使い方を、理由を添えてお寄せください。

5月22日(金) 音楽三昧の金曜日

きょうは音楽三昧の金曜日。田口友善さんと菅原直子さんと電話を結んでお送りします。
『友善&直子セレクション80年代音楽の巻♪』。どうぞお楽しみに!

5月21日(木)

松田美和子
宮古市に「新田老駅」が開業しました。地域の皆さんにとって複合施設としても便利な駅になります。
三鉄は沿岸の皆さんにとって心の拠り所、走り続ける姿が元気を届けています。
草野さんはそんな三陸の応援団長のような方、今日も三陸の話題をたくさん届けて下さいました。
海鵜のソーシャルディスタンスの写真は面白かったですね。
「三陸鼻高キッチン」では、「コシアブラのふりかけ」「ミズガレイの漬け」をご紹介いただきました。
コシアブラにゆで卵を入れるのがポイントですね。作ってみたいのですが、似た芽もあり、見分け方から勉強です。(笑)
明日も肌寒い日になりそうです。リスナーの皆様、体調を崩されませんように。

*三陸鼻高キッチン*
[コシアブラのふりかけ]レシピ
@コシアブラを軽く茹でて刻む

Aゴマと塩であえる
Bゆで卵を刻んで加える

♪ご飯、パン、お豆腐に乗せてOK、三陸は海の幸はもちろん、山の幸も豊かです。

5月21日(木)

きょうは、岩手県総括コーディネーターで「三陸鉄道を勝手に応援する会」会長の草野悟さんに電話を繋いで沿岸の旬の話題をお送りします。






5月20日(水) 動物公園とゆかいな仲間たち

盛岡市動物公園
今回は電話による出演でした!皆様元気に過ごしていらっしゃいますか?
私たち職員は、6月1日の開園に向けて、着々と、バタバタと?準備しております。
新しい動物公園ZOOMOとして少しずつ変わったところがあり、特に、自然環境を大事に考えてもらえるように、マイバック、マイボトルを推奨していきます。
売店も様変わりしていますので、マイバックお持ちになって、売店で買い物してください!岩手初、動物園初、様々取り揃えてます!
無事に開園して(5月25日に最終判断します)皆様に会えるのを楽しみにしています!
たぶん入口でお出迎えできる。か、な?
それでは、また!

松田美和子
「動物公園と愉快な仲間たち」に静岡からピューマの「ニーナ」が仲間入りしました!ピューマはカナダからチリにかけて分布するそうですが、生息数は減少しているとか。そのピューマ2頭に、岩手県で会えるのは、とても貴重な事ですね。スラリとした肢体でスピーディに走る動物のイメージです。「タフ&ニーナ」の2頭が一緒に展示される時に、そんな姿も見られたら良いですね。以前展示されていた高齢の「ピュー子」を番組で紹介した時には、その憂いを秘めた瞳にすっかり魅了されました。
普通であれば私達が出会えない地球上の生き物に会える場所が、動物公園です。
そういう施設が岩手にあることを誇りに思いますし、その動物達の魅力を裏話も含め楽しく発信していきたいと思っています。
今日は、盛岡地方気象台で「ツバメ」の初飛来を観測しました。新型コロナの心配が続く中でも季節は変わらず巡っていきます。そんな自然の姿が私達を元気にしてくれますね。気持ちを緩める事なく「3密」に配慮した生活をみんなで頑張りましょう!

5月20日(水)

きょうは、盛岡市動物公園の森敦子さんと山本祐子さん、園長の辻本恒徳さんにお電話を繋いでお話しを伺います。動物についての質問など、おたよりお待ちしています。


5月19日(火) ぶらり野遊び教室 村田久です

村田久
以前なら5月半ばになると、黄色のじゅうたんを敷いたような光景が家のまわりで見ることができた。
それは菜の花畑だ。
子供のころは花に集まるチョウを追いかけたりした、遊び場でもあった。その菜の花畑が、気がついたらなくなっていた。花畑が宅地として整地されたせいなのか。
ところが消えた菜の花畑を意外な所で見かけるようになった。山里の畑地から離れた土手、ヤブの斜面、川の岸辺や中州などで、中には群生している場所もあった。誰かが種を蒔いたわけでもない。飛んできた種が、岸辺に流れ着いた種が、芽を出し、たくましく花を咲かせたのだ。
最近、菜種を畑で栽培し、食用油をつくって、道の駅などで販売している地域が出てきているという。そのうちに菜の花畑が増え、昔の風景が戻ってくるかもしれない。

松田美和子
村田さんのお話し、今日も面白かったですね。びっくりしたのは「ウグイスのタマゴの色」です。イメージは若草色でしたので、チョコレートのようなタマゴの色は意外でした。そして、お母さんウグイスが作った巣の立派だったこと!笹薮の中に笹葉の巣は、見事でした。雛の誕生が楽しみですね。
里山に咲いていた「カラスノエンドウ」は花も可愛いらしく、更に食べられるとうかがい興味深々です。春は、自然のパワーを美味しく味わえる期間限定の季節ですね。
今週は肌寒い日が続きそうです。皆さん体調に気をつけてお過ごし下さいね。

スタッフ
あすは、盛岡市動物公園の森敦子さんと山本祐子さん、園長の辻本恒徳さんにお電話を繋いでお話しを伺います。動物についての質問など、おたよりお待ちしています。

5月19日(火)

5月18日(月)

きょうは田口友善さんとパートナーの八幡平市観光協会事務局次長の海藤美香さんと電話を結んで八幡平市の魅力をたっぷりと語っていただきます。




NHKラジオ らじる☆らじる
  
▲ ページの先頭へ