ラジオMAPへ
盛岡放送局トップへ
NHKネットラジオ『らじるらじる』NHK地域放送局おすすめ番組を聞き逃し配信中!

「まじぇ5時」は大相撲のため、1月14日(火)〜1月24日(金)までお休みです。次回の放送は27日(月)。
「まじぇ5時通信」は随時更新していきますのでご覧ください。

1/27〜1/31 パートナー

  • 月曜
  • 火曜
  • 水曜
  • 木曜
  • 金曜

1月21日(火) まつ便り「バラが咲いた」

松田美和子
去年の暮れ、十数年ぶりに盛岡市名須川町の「報恩寺」を訪ねました。 番組の取材でしたが、久々に羅漢さんに囲まれて落ち着いた時間を過ごしました。 五百羅漢は1731年、京都の9人の仏師により4年の歳月を費やして作られたそうです。寄せ木造り、漆塗りの像が並んでいました。
五百羅漢
驚いたのは外国人観光客が多かった事です。写真を撮影している間に6〜7人の方と出会いました。そのなかにはこんな方々も。
羅漢さんと同じポーズで!
アメリカのノースカロライナ州から英語教師として山形に来日している3人の仲良しさん。山形に来て2年目だそうです。 パワースポットの盛岡八幡宮と報恩寺をお参りしていると話していました。 3人もお気に入りの「陽気な羅漢さん」と同じポーズで、パチリ!
マルコポーロとフビライ
他にも、珍しい「マルコポーロとフビライ」の像や、笑顔の羅漢さんが並び、こちらも笑顔になりました。

まじぇ5時クイズ
今月も「まじぇ5時クイズ」で脳トレに挑戦してみませんか?
☆5問目の正解は、「(3)座敷わらし」でした。(湊さんの最新作です。山田の鯨館が再オープンしたら、ぜひ館内で探してみて下さいね。)

☆6問目です。火曜パートナー村田さんに関する問題です。
「村田さんの思い出の味は、お母様が作ってくれたある果物を使った味噌です。冬になると思い出すこの味噌は何味噌?」
(1)ミカン
(2)リンゴ
(3)ユズ

[ヒント]
わたしはこの皮をいろいろな形にむいて、楽しみます。子供でも楽々むけますよ。
答えは明日♪

1月21日(火) まつ便り「バラが咲いた」

松田美和子
眠る前に必ずバラの写真集を眺めるほどバラが好きです。
「アンジェラ」というドイツのバラが、毎年沢山の花を咲かせてくれます。
アンジェラ
とても丈夫で、病気にも強い品種です。香りは微香ですが、まさにバラ色のバラです。
そして、花の少ない冬には「ミニバラ」が花をつけて楽しませてくれます。
ミニバラ
植物の成長が止まる冬に、蕾をつけ、一輪の花を咲かせます。その小さな花が周りを華やかに変えてくれます。外は雪。

まじぇ5時クイズ
今月も「まじぇ5時クイズ」で脳トレを!
☆4問目の答えは「(2)遠野物語」でした。(遠野物語は、遠野の佐々木喜善が語った伝承を柳田国男が記したものですが、佐々木喜善は石川啄木とも交流があったそうですよ。)
RN奥州のマリンさん、ここまで全問正解です。初ばっけを見かけたら教えて下さいね!

☆5問目です
「昨年最後の放送のゲストに鯨と海の科学館館長の湊さんをお迎えしました。湊さんが最近新しくお作りになったキャラクターはなあに?」
(1)河童
(2)天狗
(3)座敷わらし

[ヒント]
その家が繁栄すると言われています。
答えは明日♪

1月20日(月) まつ便り「冬の夜に」

松田美和子
冬は日の暮れが早く、急かされるように感じます。久々、県外に出かけて遅くなり夜の盛岡駅に着きました。 寒さの中、イルミネーションが綺麗でしたよ。
天に駆け上がりそう
盛岡駅西口、マリオス前のイルミネーションは、トナカイや、雪だるま、ウサギ、白鳥などがキラキラと 浮かび上がり、幻想的な森のようでした。
ダブルハート
東口には、可愛いハートのイルミネーションが輝いていました。日中の目立たなさと、夜のキラキラ感の違いが 面白いです。寒くて閉じこもりがちですが、たまには夜の街も良いものですね。

まじぇ5時クイズ
今月も「まじぇ5時クイズ」で脳トレしてみませんか?
☆3問目の正解は「(3) ダーチャ」(畑がなくても、市民農園を利用すると野菜作りが楽しめ、エコに繋がります。)

☆4問目
「1月8日放送の『いわて暮らし暦』で、山本玲子さんにオシラサマをご紹介頂きました。この民話は、ある本で有名です。その本とは?」
(1)吉里吉里人
(2)遠野物語
(3)白神物語

[ヒント]
あんべ光俊さんや、NSPの唄のタイトルにもなっていますよ。
答えは明日♪

1月17日(金) まつ便り「出会う」

松田美和子
「野遊び教室」で、村田さんにご紹介頂いた「ハヤトウリ」を覚えていらっしゃいますか? 漢字で書くと「隼人瓜」です。原産地は南アメリカで、鹿児島に渡って来たので「薩摩隼人」から「隼人瓜」と呼ばれるようになったそうです。
番組で試食させて頂いた浅漬けは、爽やかな味でした。
白いハヤトウリ
先日、産直で白いハヤトウリを見かけてびっくり! 思わず買い求めました。
白い優しい色にゴツゴツした形がアンバランスで面白い野菜です。
切ってみたら、こんな感じでした。
半分にしたら
洋梨のような、リンゴのような断面ですね。皮と種を取り、スライスしてかじってみました。カリッとして少し甘味があり、そのままサラダに入れても楽しめそうでしたが、村田さんにご馳走になった浅漬けが美味しかったので、迷わず浅漬けにしました。
野遊び教室で、村田さんやリスナーさんに教えて頂いた珍しい野菜や果物に出会うたびに、知る事の豊かさを感じます。

まじぇ5時クイズ
まじぇ5時クイズで、今月も脳トレを!
2問目の答えは「」でした。

☆3問目は、水曜パートナーの小川さんの話題から。
「食品ロスを防ぐためには自分で野菜を作る事も有効です。ロシアで8割の人が持っている畑付きのセカンドハウスを何というでしょうか?」
(1)アーチャ
(2)カチューシャ
(3)ダーチャ

☆ヒント
「この言葉は、ロシア語の動詞ダーチ(与える)に由来しているそうですよ。」
答えは来週♪

1月15日(水) まつ便り「ひそかな楽しみ」

松田美和子
パンが好きです。今の楽しみは金曜日の4時に並んで買い求めるパンです。
一週間に一本だけ焼くとても大きなバケットで、外のカリッと、中のフンワリ、小麦の味がしっかり感じられる美味しいパンです。このパンのフレンチトーストは絶品です。
ビックサイズのバケット
パンの焼き上がりの匂いが流れてきて、大きなバケットを2人がかりで運んで来る姿を見るだけでワクワクします。先日伺ったら人気のパンになったようで、毎日一本焼く事になったとか。嬉しいような、ちょっと寂しいような(笑)
もう一つ、最近ひそかに楽しみにしているのが子供が焼いてくれるクッキーです。
星型クッキー
ホーレン草や紫芋の粉末を入れた、野菜クッキーで、ナッツも入りヘルシーです。昔、子供に焼いたクッキーを、子供に焼いてもらえるのが嬉しくて、大事に食べています。
皆さんのひそかな楽しみは何ですか?

まじぇ5時クイズ

今月もまじぇ5時クイズで脳トレを!
一問目の答えは、(3)ウロコでした。(秋の雲というと、うろこ雲ですね。)

☆2問目は、なぞなぞですよ!
「起きていても、寝ていても、みる事が可能ですが、決して触れる事の出来ないものは、なあに?」
☆ヒント
「つい最近、このお題で5・7・5を一句、皆さんに詠んでいただきましたよ。」
答えは次回♪

1月14日(火) まつ便り「真理子さんのタヌキ」

松田美和子
cafeの名物になりつつある「盛岡弁昔語り」、毎回、お花ばあちゃんこと、花田陽子さんと、まじぇ5時ファミリーの吉田真理子さんがご出演です。
12月のcafeにご出演の時に、可愛いタヌキの人形をお持ち下さいました。「どこかで見た事があるような?」

この写真の中にその可愛いタヌキがいますよ。分かりますか? 子ダヌキが、花田さんと、真理子さんの間に立っていますね。
真理子さんが「スカーレットのタヌキを作ってみたのよ。そっくりでしょ!」
朝ドラをかかさない私は「それで見覚えあったんですね!」と納得。
朝ドラに登場するイラストの信楽焼タヌキにそっくりでした。

大福帳もミニチュア版で丁寧に作ってありました。さすが、手仕事の達人です。
信楽焼は日本六古窯の一つで、信楽タヌキの形には「八相縁起(はっそうえんぎ)」と呼ばれる縁起が表されているそうです。 笠は「災難から身を守る」、大きな目は「周囲をよく見渡し正しい判断をする」、通帳は「世渡りにかかせない信用第一の帳面」等など8つあります。
そして、タヌキは「他を抜く(他人を抜く)」という語呂合わせからも福を呼ぶ縁起物とされているそうです。スタジオに連れてきて頂き「お福分け」を頂きました。
リスナーの皆様共々、福福しい年になりますように!

まじぇ5時クイズ
今年も「まじぇ5時クイズ」を楽しんで下さいね。
1問目は今日のブログにちなんで。盛岡弁昔語りの「清水の話し」から問題です。
☆1問目は今日のブログにちなんで。盛岡弁昔語りの「清水の話し」から問題です。
「鉈屋町の青龍水には、昔、龍が住んでいましたが、だんだん住みにくくなり、ある物を形見に置いて飛んで行ってしまいます。その形見とは、宝珠、爪と後一つは?」
(1)ヒゲ
(2)歯
(3)ウロコ

☆ヒント「秋の雲」
答えは明日♪

1月10日(金)音楽三昧「恒例!新年なんでもリクエスト!」特集

【きょうかけた曲】
 1.岡崎体育『感情のピクセル』
 2.日暮し『い・に・し・え』
 3.ザ・スプートニクス『霧のカレリア』
 4.ラルク・アン・シエル『未来世界』
 三好アナウンサーのお気に入り♪…吉田山田「日々」
 6.レ・フレール『空へ』
 7.エヴァ・キャシディ 「フィールド・オブ・ゴールド」
次回は…「もういっちょ!なんでもリクエスト」特集part.2 です

スタッフ
来週・再来週は大相撲中継のため、放送はお休みです。次回の放送は、27日(月)
友善cafe。パーソナリティは田口友善さん。
ゲストは、「まじぇ5時ファミリー」で御所野縄文博物館の学芸員・菅野紀子さんです。

次回のお便りテーマは『寒サニモマケズ』。冬の寒さに負けず、過ごすためにどんな工夫をしていますか? あったか料理やストレッチなど、寒さを乗り越えるためにしていることを教えてください。

1月10日(金) 懐かしの音楽三昧

きょうは音楽三昧の金曜日。『恒例!新年なんでもリクエスト!』特集。
皆さんのリクエストにお応えします。

1月9日(木) 月に1度の“まじぇ5時川柳”

熊谷岳朗
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
今年はねずみ年ということです。ねずみはたくさんの子を産むので、繁栄の年と言われているようです。ただ、庚子(かのえ・ね)の年に当るそうで、変化の多い年とかでもあります。ですから、いい方に変化してくれればいいなと思っています。
さて、皆様からは、その繁栄の年に向かっての夢を語っていただきました。幸せへ邁進していただきたいと思います。たくさんの投句ありがとうございました。

鼓3つの句
ポケットに しまったままの 夢数多 一関市・(ラジオネーム)怪しい男
どんな夢 握っているの 小さな手 紫波町・小田中しづ子
ぐんぐんと 伸びる寿命に 夢を足す 遠野市・菊池国夫
まだ夢の途中 つまずくことばかり 紫波町・鷹觜閲雄

松田美和子
「まじぇ5時川柳」新年のお題は「夢」。皆さんから様々な夢のご投句をいただきました。自分の夢、お子さんやお孫さんの為の夢、地球規模の夢など、たくさんの夢を一句にこめて頂きました。ありがとうございました。夢は生きる力です。叶えようとする思いが素敵ですね。
今日の川柳の締め切り後に「RNヒトリシズカさん」から「今年は私もお仲間に入れて下さい!」という嬉しいお便りが入っていました。次回、楽しみにお待ちしていますね。

「まじぇ5時川柳教室」の私の句です。
*夢を持ち ひょいと抱えて 旅したし
岳郎さんの言葉
「自分の気持ちを見つめて表現する時に大切なのは、「うがち」。本質を捉える事です。」

スタッフ
松田さんが作った句を題材に、川柳のコツをお伝えするコーナー「まじぇ5時川柳教室」を行っています。皆さんからの川柳の作り方の疑問・質問にもお答えしていきます。どうぞお寄せください。
次回の川柳は2月6日(木)。お題は「感謝」
その次は、3月5日(木)。お題「うきうき」です。
皆さんから「お題」の募集もいたします。アイデアがありましたら、番組あてにお送りください。
投句・おたより・リクエスト・お題のアイデアをお待ちしています!
※今月の大賞作品は川柳のページをご覧ください。

あすは音楽三昧の金曜日。『恒例!新年なんでもリクエスト!』特集。
皆さんのリクエストにお応えします。

1月9日(木) 月に1度の“まじぇ5時川柳”

きょうは、月に1度のまじぇ5時川柳。パートナーは、岩手県川柳連盟理事長の熊谷岳朗さんです。
今月のお題は「夢」。投句はきょうの午後5時半まで受け付けています。

1月8日(水) いわて暮らし暦

山本玲子
「オシラサマ」と言いますと、『遠野物語』にそのお話がありますので、遠野だけにあるものと思っていらっしゃる方も多いのではないかと思いますが、岩手県全域に分布しています。かつてはオシラサマがとても大切にされていたことを窺うことができます。
オシラサマは主に桑の木で作られ、その先端に馬の顔や女の子の顔が彫られています。馬と娘が夫婦になった物語からそのような形になっています。そして、オシラサマを家の神として無病息災、五穀豊穣を祈りました。また、オシラサマは災いや盗難などをお知らせする神とも言われています。
オシラサマという不思議なお話に続けて、啄木が神様と議論した不思議な夢のお話、また、占いにとても興味を持っていたことなどをご紹介しました。
災いのない年でありますよう、そしてまたリスナーの皆様のご健康とご多幸をお祈りしながらお話をさせていただきました。

松田美和子
今朝の大雪にびっくりしましたね。重い雪でしたので、雪かきで疲れた方も多かったのではないでしょうか。ただ、夕方のブルーに染まった冬の風景はとても美しかったです。
今日の「いわて暮らし暦」のテーマは「オシラサマ」でした。遠野だけでなく、県内広く信仰されていたのですね。大切にされ、オシラサマの祭日にはオシラアソビで、子供達が背負ったり、抱っこしたりするそうです。人々の生活に寄り添った信仰なんですね。「啄木散歩道」の3首は、啄木の思いが言葉から伝わるちょっと切ないものでしたが、水晶の玉を詠んだ1首は、何か不思議な感じがして興味をそそられました。次回は、絵馬と啄木の絵葉書です。どんなお話しになるのか楽しみです。

スタッフ
あすは、月に1度のまじぇ5時川柳。パートナーは、岩手県川柳連盟理事長の熊谷岳朗さんです。
今月のお題は「夢」。投句はあすの午後5時半まで受け付けています。

1月8日(水) いわて暮らし暦

きょうのパートナーは、石川啄木研究家で岩手の人々の暮らしの聞き取り調査も行ってきた山本玲子さん。県内各地にある「オシラサマ信仰」や啄木の不思議な体験についてお話しいただきます。


1月7日(火) ぶらり野遊び教室 村田久です

村田久


松田美和子
皆さん、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
素敵な年賀状を、ありがとうございました。スタジオに飾らせていただきますね。今日の「野遊び教室」は、正法寺への初もうで、一関市の商店街で行われた「新春餅つき大会」、「手作りしめ飾りと、縁起物の意味」など、お正月にちなんだ話題をお話いただきました。臼と杵の餅つきも、しめ飾り作りも、日本文化の継承の大切さを思います。できる範囲で家庭でも伝えていきたいですね。
今年も野遊び教室の「のんびり散歩」をぜひご一緒に!

スタッフ
あすのパートナーは、石川啄木研究家で岩手の人々の暮らしの聞き取り調査も行ってきた山本玲子さん。県内各地にある「オシラサマ信仰」や啄木の不思議な体験についてお話しいただきます。

1月7日(火)

パーソナリティーは松田美和子さん。パートナーは海釣り、川釣り、山菜・キノコ採り歴50年の釣り師・エッセイストの村田久さんです。
皆さんからの山歩き里歩きのおたより、お待ちしています!




1月6日(月)

きょうのパーソナリティーはシンガーソングライターの田口友善さん。パートナーは民謡歌手の北條真由美さん。民謡の魅力をたっぷりご紹介いただきます。
お便りテーマは「お正月」。皆さん、お正月はどのように過ごしましたか? ご家庭や地元ならではの風習・お正月料理なども教えてください。

12月26日(木) ことし最後のまじぇ5時 2019三陸を振り返る

鯨と海の科学館 館長 湊敏
卒業以来、1年9か月ぶりのスタジオでしたが、松田さんはじめスタッフの皆さんに温かく迎えていただき、楽しい時間を過ごすことができました。
放送の中でもお話ししましたが、鯨館は現在休館中ですが、出来るだけ早く復旧し、皆様をお迎えしたいと思っております。
自然災害が多発し、同時に被災地も多くなり、何時、どこで被害にあわれるか分からない今日ですが、今回の台風19号を教訓として、過去のデータを過信せず、事前の対策を心掛けなければと思っております。
さて、皆様にとって令和元年はいかがでしたか。三陸沿岸はリアス線の開業、ラグビーワールドカップなど話題豊富で新風が吹き始め、活気が戻ってきた1年だったかなと感じております。
自分自身も、今日は一年を締めくくる様な出演をさせていただき、松田さんはじめスタッフの皆さんに感謝申し上げます。本当に有難うございました。
令和2年、皆様にとっても幸せな年になりますよう、お祈り申し上げます。
「まじぇ5時」もまた来年も良い年でありますように…
ボン・ボヤージュ

釜石まちづくり株式会社 下村達志
今年最後の放送に呼んで頂いてありがとうございました!
久しぶりの松田さんとの放送でしたが、あっという間の楽しい1時間でした!(^^)
2019年の釜石は、本当にたくさんの出来事がありました。
世界からたくさんの注目を頂き、世界にたくさんの感謝を発信できたと思います。
地元の小中学生がスタジアムで披露した「ありがとうの手紙 #ThankYouFromKAMAISHI」もぜひ聞いてみてください。
盛り上がりを今年だけのものにしないよう、来年以降も皆さんに釜石に足を運んで頂けるよう、引き続き頑張ります!
皆様、良いお年を!

松田美和子
まじぇ5時ファミリーの湊さん、下村さんとの久々の1時間でした。本当に楽しかったです。
いろいろあった沿岸のこの一年ですが、災害に負けずに頑張っているお二人のお話は伺っていてこちらも元気をいただきました。たくさんのお便りもありがとうございました。
皆さん、どうぞ良いお年を!

スタッフ
今年のまじぇ5時の放送は今日で最後。新年1回目の放送は、1月6日(月)です。 パーソナリティーはシンガーソングライターの田口友善さん。パートナーは民謡歌手の北條真由美さん。民謡の魅力をたっぷりご紹介いただきます。 お便りテーマは「お正月」。お正月の思い出のほか、地域やご家庭ならではの風習やお正月料理のおたよりなどお寄せください。

12月26日(木) ことし最後のまじぇ5時 2019三陸を振り返る

きょうのまじぇ5時、今年最後の放送です。ゲストに、まじぇ5時ファミリーで鯨と海の科学館・館長の湊敏さんと釜石まちづくり株式会社の下村達志さんをお迎えして、2019年の三陸を振り返ります。




12月25日(水)

岩手県立美術館 吉田尊子
リスナーの皆さん、メリークリスマス! 今年一年ありがとうございました。
今宵はご家族で楽しいひと時をお過ごしの方も、お仕事を頑張っている方もいらっしゃると思いますが、皆様、どうか良い夜をお過ごし下さい。
明日からは一気に年末モードに突入しますね。年が明けるまでやっぱり忙しいかと思いますが、自分も大みそかにはちょっと時間を取って、一年を振り返り、来る新年に思いをはせたいと思います。
 
さて、今日は県立美術館の収蔵品の中から、雪や冬をテーマにした作品をいくつか選んでご紹介しました。いかがでしたでしょうか。私自身は雪の少ない地域で育ったので、深澤紅子の作品に描かれた「うさぎの形の雪だるま」は本当に作れるものだろうか、実感がわかなかったのですが、松田さんから、雪だるまの定番だということを教えていただきました。雪の少ない昨今、こうした遊びも絵の中でしか見られなくなるのでしょうか・・・。盛岡の街の風景はモダンでもあり、懐かしさもあり、そして冬のきりりとした空気感がいいですね。
なお、これらの作品は現在、常設展示室に並んでいないものも多数ありますので、気になったときは、美術館ホームページで常設出品リスト(PDFファイル)をご確認いただくか、お電話で問い合わせていただくことをお勧めします。1月25日からの常設4期展示に福井良之助の作品が数点出る予定です。お楽しみに。
ジブリの大博覧会も楽しみにされている方も多いと思います。寒い中お越しいただくことになりますので、事前に本展公式ホームページから、駐車場の状況や館内の混み具合をご確認されることをお勧めします。当日券はコンビニやプレイガイドで販売していますのでそちらもぜひご利用ください。  では、楽しい年末年始をお過ごしください!

松田美和子
県立美術館の学芸員、吉田さんの「アプリーレ!(開く)」で始まった、今年最後の「まじぇ5時ミュージアム」は、大人気のジブリ展と、県立美術館が所蔵している「冬にちなんだ作品」をご紹介いただきました。ジブリ展の比較的空いている時間は、平日は午後、土曜日は午後3時過ぎ、日曜日は午後4時過ぎだそうです。
寒い季節です。温かくしてお出掛け下さいね。吉田さん、もしかしたら入口辺りでカチャカチャと人数を数えているかもしれません。ぜひ、声をかけてみて下さいね!

☆クリスマスによせて☆
クリスマスに読む2冊目の本は、オー・ヘンリーの「ほんもののプレゼント」です。これも子供の読み聞かせのために購入した本ですが、読みながらうるうるしてしまい、子供に「ママ、大丈夫?」と心配されてしまった恥ずかしい思い出があります。皆さんも良くご存知の「賢者の贈り物」としても知られていますね。
物の溢れる時代、時に贈り物の本来の意味を忘れてしまう事があります。そんな時に「ほんものの贈り物とは何か。」という原点に立ち返らせてくれる本です。

内容は、「若く貧しい夫婦が、クリスマスイブに贈りあった精一杯の心のこもったプレゼントのお話しで、相手を思い、愛溢れる決断をして手に入れたプレゼントは、実は、それぞれが手放した物がないと使えない物だった。」というお話しです。その切なさと、愛情の深さに感動します。オー・ヘンリーは、「最後の一葉」でも知られていますね。
心温かいクリスマスを☆

スタッフ
あすのまじぇ5時、今年最後の放送です。ゲストに、まじぇ5時ファミリーで鯨と海の科学館・館長の湊敏さんと釜石まちづくり株式会社の下村達志さんをお迎えして、2019年の三陸を振り返ります。

12月25日(水) 美術館へのいざない

きょうのパートナーは、岩手県立美術館学芸員の吉田尊子さんです。
美術館やアートの魅力をたっぷりお話しいただく1時間。今回は冬にまつわる作品をご紹介いただきます。




12月24日(火) ぶらり野遊び教室 村田久です

村田久
12月8日(日)。山田の「鮭まつり」が、山田魚市場の会場で開催された。大変なにぎわいで、海産物を販売する出店には、人の列が出来ていた。鮭が不漁の中、鮭のつかみどりも行われ、大盛況だった。
この日、僕には目当ての食べ物があった。それは「アカザラガイ」。鍋で蒸し焼きにされたアカザラガイを一皿買い、はじめて食べてみた。歯ごたえがあり、甘味も感じられた。ホタテの仲間と言うが、ホタテとは違った旨味があった。実はこの貝、以前市場に出回ることがなかったという。それは養殖のカキやホタテのロープにくっつくので、じゃま者扱いされてきた。やっかいものとして、漁師が蹴散らしていたので「ケッツラガイ」とも地元では呼ばれていたともいわれる。
それが最近、味が見直され市場でも見かけるようになったというのだ。「道の駅やまだ」、観光物産館「とっと」などで販売されている。主に蒸し焼き、汁物の具として食べられているようだ。

松田美和子
今年も、リスナーの皆さんと村田さんと岩手の自然をのんびり散歩できました。
皆さんのお便りを拝見するのが楽しくて番組が始まる前から村田さんとおしゃべりが弾んでいます。今年も1年、ありがとうございました!

☆クリスマスイブによせて☆
毎年、クリスマスに読む2冊の本があります。その一つが、「サンタクロースっているんでしょうか?」です。子供に質問され、答えにしどろもどろした時に助けてくれた本です。

今からおよそ120年以上前、アメリカの8歳の女の子バージニアが、ニューヨークの新聞社に送った質問が「サンタクロースっているんでしょうか?」です。それにチャーチ記者が愛情込めた味わい深い返事をだしました。その実話が本になり世界中のひとびとに愛読されています。一節をご紹介します。
「バージニア、サンタクロースがいるというのは、決して嘘ではありません。この世の中に、愛や人へのおもいやりや、まごころがあるのとおなじように、サンタクロースもたしかにいるのです。あなたにもわかっているでしょう。世界にみちあふれている愛やまごころこそ、あなたのまいにちの生活を、うつくしく、たのしくしているものだということを。」
素敵なクリスマスイブを☆

スタッフ
あすのパートナーは、岩手県立美術館学芸員の吉田尊子さんです。美術館やアートの魅力をたっぷりお話しいただく1時間。今回は冬にまつわる作品をご紹介いただきます。

12月24日(火)

パーソナリティーは松田美和子さん。パートナーは海釣り、川釣り、山菜・キノコ採り歴50年の釣り師・エッセイストの村田久さんです。皆さんからの山歩き里歩きのおたより、お待ちしています!









12月23日(月)

田口友善
この15年以上スキー場とご無沙汰しておりますが、海藤さんのお話を聞いていると、一気に滑りおりるときの快感が蘇ってきました。いろんなスポーツがあるけど、このような感覚はスキーならではのものですね。
そのスキー場も外国人が多くなるなど様変わりしているようで、友人と一緒に行かないと浦島太郎になりそう。
さて、私は今回の番組で今年もおしまい。思い返すといろんな出来事がありました。じっくりと振り返って、新年に向かいたいと思います。皆様、良い年をお迎えください!1月6日にお耳にかかります。

スタッフ
火曜日のパーソナリティーは松田美和子さん。パートナーは海釣り、川釣り、山菜・キノコ採り歴50年の釣り師・エッセイストの村田久さんです。皆さんからの山歩き里歩きのおたより、お待ちしています!

12月23日(月) 八幡平の魅力を発信

きょうのパーソナリティーは、シンガーソングライターの田口友善さん。パートナーは八幡平市観光協会・事務局次長の海藤美香さんです。八幡平市の魅力をたっぷりと語っていただきます。

NHKラジオ らじる☆らじる
  
▲ ページの先頭へ