2018年11月28日 (水)新年に向けて


日に日に寒くなりますね。もうすぐ12月。今年も残すところあと1ヶ月です。
この1年を気持ちよく締めくくるために忙しくなる月でもありますが、
みなさんは新年に向けての準備は進んでいますか?

新年を迎える準備で欠かせないのが縁起物。
先日、水曜ライブで新年に向けて縁起物の張り子を作る工房にお邪魔しました。
こちらが金ケ崎町六原で作られている「六原張り子」の作品。
itou181128_1.jpg
愛らしくいつまでも見ていたくなるよう作品ですよね。
子丑寅卯辰巳午未申酉戌・・・過去に作られた干支です。(来年の干支・亥は後ほど…)
並ぶと圧巻ですが、これを3周り作り続けているのが張り子作家の澤藤範次郎さんです。
itou181128_2.jpg

工房を金ケ崎町に構えて45年、およそ500もの張り子作品を生み出してきた澤藤さん。
平均すると、1ヶ月に1つの作品を生み出すことになるわけです。
そのアイデアはお風呂に入っている時などに思いつくのだそうです。
自由な発想で緊張せずに作り続けているご自身のことを「工作少年が年を重ねたような者」
と話していたのが印象的でした。

新年に向けての縁起物の注文はなんとお盆過ぎから入るそうで、
12月上旬にはお客さんの手元に届けようと妻・素子さんとお二人で作業を進めています。
itou181128_3.jpg
明るく柔らかな雰囲気のお二人だからこそ、素敵な作品が生まれるのだと感じました。
もうすでに来年制作したい新たな作品の構想も練られているそうですよ!

さて先ほど十二支の作品をお見せした時にいなかった新年の干支・亥の作品。
実は、あまりのかわいらしさに、私も自宅に飾りたいと注文しました。それがこちら!!
itou181128_4.jpg
両手で福を招いてくれる「招き猫」と、猪突猛進・前向きに進む凛々しい足とつぶらな瞳が
かわいらしい来年の干支・いのししの子ども「ウリ坊」です。
itou181128_5.jpg
このように、前をしっかり見据えて、素敵な新年を迎えられますように!

 

いただいたご意見・ご感想は、番組作りの参考にいたします。
公開および返信をすることは差し控えますので、ご了承ください。

投稿者:伊藤 歌純 | 投稿時間:13:04

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲