2021年01月06日 (水)あすは大雪と吹雪に注意


気象キャスターの大隅智子です。
あす(7日)は、発達した低気圧が東北地方を通過するため、広い範囲で大雪のおそれがあります。
ふだんあまり雪が降らない沿岸の平野部では、昨夜も積雪の所がありましたが、あすも広く雪が積もりそうです。
oosumi210106_01.jpg

また、低気圧の通過に伴って南よりの風が強まるでしょう。
あすの午後8時の風の予想を見ると風速24m以上の非常に強い風が内陸に吹く見込みです。
広い範囲でふぶくでしょう。
oosumi210106_02.jpg

あさって(8日)は、低気圧が東の海上で一つにまとまり、発達するため、冬型の気圧配置が強まる見通しです。
強い寒気も入るため、内陸の山沿いを中心に大雪が続きそうです、
あさっての午後9時までの48時間の予想降雪量を見ると、南部の山沿いでは、60~70㎝以上となっています。
年末年始の寒波などで、既に西和賀町や一関市祭畤では、積雪が平年の2倍以上の多さになっています。
さらに積雪が増えるので、西和賀町では積雪が2mを超えるおそれがあります。
oosumi210106_03.jpg

注意点です。
oosumi210106_04.jpg
大雪と吹雪で交通に影響が出るおそれがあります。
また、猛吹雪で視界が悪くなるため、車の運転が危険になります
電線への着雪により、停電が起きるおそれがあるので、ラジオ、ストーブ、水、懐中電灯などの備えをしておきましょう。
厳しい寒さなので、電気が止まっても、暖を取れるようにしておくと安心です。

 

 

いただいたご意見・ご感想は、番組作りの参考にいたします。
公開および返信をすることは差し控えますので、ご了承ください。

投稿者:大隅 智子 | 投稿時間:19:31

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲