2020年09月07日 (月)台風の強風と高潮について


気象キャスターの大隅智子です。
台風10号は、猛烈な風と大雨を九州地方などにもたらしました。
九州地方などは台風の進行方向の右側になりましたが、右側は左側よりも風が強くなるという特徴があります。
というのも、台風の風は、反時計回りに吹きます。
右側は、台風の進行方向と同じ風向きになるので、台風自身の風と台風を移動させている風が一緒になるため、左側より強くなります。
oosumi200907_01.jpg

風の強さと影響をみてみましょう。
最大瞬間風速が40m/s以上だと、屋外の行動が極めて危険になります。
50m/s以上になると、多くの樹木が倒れます。
60m/sだと、建物が崩壊するおそれがあります。
台風10号では、長崎市の野母崎で最大瞬間風速59.4m/sを観測するなど、猛烈な風が吹きました。
広い範囲で建物が崩壊したり、停電被害も起きました。
oosumi200907_02.jpg

また、強風は、高潮にも影響します。
沖合から沿岸部に向かって吹く強風によって、海水が吹き寄せられるのが「吹き寄せ効果」です。
海面が一層高くなり、陸地へ海水が入ってきます。
oosumi200907_03.jpg

さらに、台風で気圧が低くなると、海面が吸い上げられて上昇する「吸い上げ効果」が起きます。
気圧が1hPa下がると、海面はおよそ1㎝上昇します。
県内にも強い台風が来た場合は、強風や高潮の被害が起きる可能性があります。
oosumi200907_04.jpg

10月にかけては台風シーズンですから、台風情報には十分ご注意下さい。

 

 

いただいたご意見・ご感想は、番組作りの参考にいたします。
公開および返信をすることは差し控えますので、ご了承ください。

投稿者:大隅 智子 | 投稿時間:17:27

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲