2020年09月03日 (木)台風の豆知識2


気象キャスターの大隅智子です。
今回も台風についてお伝えします。
台風9号は大型の台風でした。
2日の衛星画像で、台風9号の雲を見ると、大きくてまとまっているのが分かります。
oosumi200903_01.jpg

台風の大きさには基準があり、風速15m以上の強風域の半径で決まります。
半径が500キロ以上800キロ未満は「大型」、800キロ以上は「超大型」になります。
oosumi200903_02.jpg

日本付近に重ねてみるとこんな感じです。
「超大型」は、直径が1600キロ以上にもなるため、本州付近をすっぽり覆うほどになります。
実際に、おととし、超大型の台風が発生しています。
oosumi200903_03.jpg

次に台風の強さについてみてみましょう。
強さは、中心付近の最大風速で決まります。
最大風速が、33m/s以上44m/s未満は「強い勢力」、44m/s以上54m/s未満で「非常に強い勢力」、54m/s以上で「猛烈な勢力」になります。
風速が30m/s以上だと特急列車並みの速さになります。
走行中のトラックが横転したりします。
oosumi200903_04.jpg

南の海上にある台風10号は、5日ごろには「猛烈な勢力」になる見込みです。
6日(日)から7日(月)ごろには、勢力があまり衰えないまま、九州付近に接近するおそれがあります。
東北地方に今の所、直接的な影響はない見込みです。
ただ、台風のコースは変わることも多いので、今後の台風情報にご注意下さい。

 

 

いただいたご意見・ご感想は、番組作りの参考にいたします。
公開および返信をすることは差し控えますので、ご了承ください。

投稿者:大隅 智子 | 投稿時間:17:19

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲