2020年09月02日 (水)台風の豆知識


気象キャスターの大隅智子です。
台風9号と台風10号が発生していて、台風シーズンを迎えています。
特に台風10号は、発達したまま、週末以降、九州付近などに近づくおそれがあり、危険な台風になりそうです。

そこで、きょうは台風情報の見方についてお伝えします。
中心部分の赤い所は、風速25m以上の「暴風域」と言います。
木が根こそぎ倒れるなど、非常に強い風が吹くので、屋外の行動が危険になります。
その周りの黄色で囲った所は、風速15m以上の「強風域」です。
瞬間的には、平均風速の1.5倍から3倍以上の強い風が吹くこともあります。
そのため、看板やトタン屋根が飛んだり、農業用ハウスは壊れたりすることもあるので、注意が必要です。
oosumi00902_01.jpg

では、現在発生している台風10号の予想図(2日・午前9時)をもとに、進路の見方について説明します。
赤い枠で囲った所は、「暴風警戒域」といい、暴風域に入るおそれがあります。
黄色の点線による円は、「予報円」といい、台風の中心が進むと予想される範囲になります。
中心が入る確率は70%です。
そのため、予報円が小さいほど予報が定まっていることを示しています。
台風情報を見る際に参考になさって下さい。
oosumi00902_02.jpg

 

 

いただいたご意見・ご感想は、番組作りの参考にいたします。
公開および返信をすることは差し控えますので、ご了承ください。

投稿者:大隅 智子 | 投稿時間:16:59

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲