2020年04月10日 (金)盛岡の桜の開花、最速になるか


気象キャスターの大隅智子です。
9日(金)、盛岡市の石割桜が咲き始め、北上市でも市独自の開花宣言がありました。
そこで、気象台が開花を発表するために観測している盛岡の桜はどうなのか、
見に行ってきました。
9日に開花が発表されると、平成27年に並んで、観測史上最も早くなります。
盛岡の桜の開花の目安となる標本木のソメイヨシノは岩手公園にあります。
5、6輪咲けば、桜の開花が発表されます。
気象台の職員が、午前と午後、双眼鏡で花が咲いていないか、まんべんなく確認していました。

oosumi200410_1.jpg

結果、この日は一輪も咲いていなかったので、開花の発表はなく、最速の記録にはなりませんでした。
というのも、この日の盛岡の最高気温は10.4度、3月下旬並みで、寒かったためです。
風も冷たく、取材中も震えるほどの寒さでした。

ピンク色のつぼみが膨らんでいて、もう一息でした。
民間気象会社ウェザーマップが9日発表した予想は、盛岡の桜の開花は4月10日で、平年より11日早く、満開は18日で、平年より7日早くなっています。
oosumi200410_2.jpg

10日以降も寒さが続くので、咲き具合は足踏み状態になる可能性もありますが、いずれにしても開花までもう少しと言えそうです。

 

いただいたご意見・ご感想は、番組作りの参考にいたします。
公開および返信をすることは差し控えますので、ご了承ください。

投稿者:大隅 智子 | 投稿時間:23:18

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲